RAIN、日本ファンミーティングツアーを盛況のうちに終了「15年間の声援に感謝」

写真拡大 (全2枚)

歌手RAIN(ピ) が結婚後初めて、日本でファンミーティングを開いた。

RAINはデビュー15周年を記念し、日本ファンミーティングツアー「2017 RAIN JAPAN FANMEETING The Confession」を終えた。4月27日の名古屋を皮切りに、29日と30日の大阪、5月5日の東京まで、3都市6回公演の日本ファンミーティングツアーを盛況のうちに終え、グローバルスターとしての存在感を見せつけた。デビュー15周年を記念したファンミーティングであるだけに、当日現場には有意義な時間を過ごしたいファンでいっぱいだった。

特に、2014年ファンミーティング以来、3年ぶりにファン会ったRAINは、ファンたちが望むファンミーティングを設けるために、公演の企画全般に参加した。また、以前彼が日本で発売したシングルの収録曲「FREEWAY」「MOVE ON」をオープニングステージで披露し、現地のファンを熱狂させた。

彼は久しぶりにファンに会った感想を伝え、終始和気あいあいとした雰囲気の中でトークを続けていった。15年間、黙々とそばにいてくれたファンのために感謝の気持ちを伝えるのはもちろん、質問に答えながらファンへの愛情を表した。

また、RAINは自身の未公開セルフショットを収めたUSBと、保管用で自ら制作した「最高のプレゼント」の新曲CDを盛り込んだプレゼントを用意して、熱烈な反響を得たのはもちろん、公演の最後には参加したファンたちとハイタッチをしながら、これまでの声援に対する感謝の気持ちを伝えた。

また、2倍速ダンスコーナーを披露し、会場の雰囲気を盛り上げた。ライブステージの他にも、さまざまなコーナーで和んだ雰囲気にした。

RAINは、来年上半期に韓国で公開される予定の映画「オム・ボクドン」を撮影しており、6月に横浜で開催される「SGC SUPER LIVE IN JAPAN 2017」に招待され、もう一度日本を訪問する予定だ。

RAINは、女優キム・テヒと1月に結婚式を挙げた。