ジョン・ウィック:チャプター2

写真拡大

2015年に公開され、スマッシュヒットを記録した『ジョン・ウィック』。銃+カンフーを融合したアクション"ガンフー"が話題を呼び、キアヌ・リーヴス演じる最強の殺し屋・ジョン・ウィックの復讐劇に全世界が熱狂! その待望の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』が7月7日(金)より公開となるが、チャド・スタエルスキ監督とキアヌの来日が決定した。

映画のプロモーションでは、前作『ジョン・ウィック』での(2015年9月)以来、約2年ぶりの来日を果たすキアヌ。1月31日(火)に行われたLAプレミアでは「また日本でみなさんに会いたいです。この作品を観て気に入ってくれると嬉しいです」と来日を切望。そしてこの度、公開日の七夕を迎える前にキアヌの夢が実現! 前作でもタッグを組んだスタエルスキ監督と共に、6月中旬に来日することが決定。

キアヌは前作について「人生を賭けた映画」と言い放つ程思い入れを持ち、"伝説の殺し屋"を熱演。作品の完成度に、評論家・ファンから称賛を受け"キアヌ完全復活"と称えられた。続編となる本作について「レベルが全然違う。アクションもそうだし、スタイルもそう。裏社会の世界観もさらに広がっている。コミカルな要素も増えているし、スゴイ新キャラもいるし、サプライズもあるし、ドラマもある。悲しみもね」と、前作をはるかに凌ぐ出来栄えだと明かしている。本シリーズのストロング・ポイントである、近接戦闘アクションに特化したアクションシーンは健在! 全世界の殺し屋とのバトルロワイヤル開始とばかりに地下鉄での肉弾戦から鏡張りの部屋、さらにはパーティー会場で華麗に敵を打ち殺していくシーンといった、前作以上の激しい闘いのオンパレードに、観客は度肝を抜くこと間違いなしだ。

お忍びを含め、幾度もの来日を果たしたハリウッドきっての親日家キアヌ。この度、本作での来日決定を記念しプロモーションが大決定! 作品に対する期待コメントやキアヌへの質問を、「#キアヌさん超待ってます」のハッシュタグを付けてつぶやいて、プレミア上映会に参加しよう! あなたがつぶやいたキアヌへの質問が舞台挨拶で発表されるかも?

『ジョン・ウィック:チャプター2』は7月7日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開。(海外ドラマNAVI)