この彼女とだったらずっと一緒にいられると、彼が結婚までも意識してしまう瞬間とは?
5つのエピソードをまとめました。

職場での不安を口にして味方になってくれたとき




「仕事がうまくいっていないときに彼女に愚痴をこぼしたら、親身になって聞いてくれて、自分が思っている不安を共感してくれた」

大好きな彼女が否定せず素直に自分の味方になってくれたとき「この人と一緒にいてよかった手放したくない」と感じる男性も多いようです。いつも、彼の側に立ってあげられていますか?

なかなか会えなくても怒らずに笑顔で迎えてくれたとき




「仕事で忙しくてなかなか彼女には会えない日々。怒られてもしかたないと思っていたけど、笑顔で迎えてくれて、疲れてない? とねぎらいの言葉をかけてくれた」

彼氏に会えないからと、メールや電話で追い打ちをかけていないですか? 仕事が忙しくてなかなか会えないこともあるはず。怒らずに優しく迎えてくれる彼女の優しさに男性はグッとくるようです。

おいしい手料理を自分のためにふるまってくれたとき




「自分の誕生日にふるまってくれた料理がおいしかった」

世の中には胃袋をつかむという言葉もあるほど、おいしい手料理は彼女との将来を意識するポイント。なかには、はじめて料理をふるまわれて感動したというケースもあるようです。

一生懸命病気になった自分の看病をしてくれたとき





「風邪をひいたとき、消化にいい食べ物を作ってくれたり、ずっと一緒にいてくれたりして嬉しかった」

からだが弱っているときだからこそ、特に彼女の優しさを肌で感じて、手放したくないと感じる男性は少なくないようです。彼が苦しいとき、そばにいてあげていますか?

ストレートに「好き」「ずっと一緒にいたい」と言われたとき





「シンプルだけど、彼女からずっと一緒にいたいと言われて、自分も彼女と一緒にいたいと思った」

シンプルに「好き」「ずっと一緒にいたい」というのも男性には嬉しい一言。最近、きちんと言葉での愛情表現はできていますか?

彼を気遣い、ときにはしっかりと愛情表現をすることが、彼の心をつかんで離さないポイント。彼の言っていることについ反論してしまう、最近好きという気持ちを伝えられていない…という人はぜひためしてみてください。