写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スカイマティクスは5月10日、高性能農薬散布ドローンX-F1(X-F1)と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、および高性能測量ドローンX-S1(X-S1)と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始すると発表した。

X-F1は、10Lの液剤タンクを搭載する液剤散布用オクトコプター(8枚機)で、最大20kgを搭載可能な機体設計により、安定した飛行と空中散布を実現する。

「はかせ」では、事前に設定したフライトプランに従い飛行を支援するアシストモードなど、複数の操縦支援機能の搭載により、初心者でも操縦できる機能を搭載。また、水洗いが可能な防水性、機体を長持ちさせる耐久性、軽トラックでも運搬できる移動性などを兼ね備えている。

生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、散布計画の作成、飛行状況の確認や散布後の履歴管理をインターネットを通じて行える。散布前の機体点検や散布後の記録作成を自動化することで、散布に関わる一連の作業時間を削減できる。

X-S1は高画質カメラを搭載した全天候型の自律飛行マルチコプター(4枚機)で、ボタン操作により事前に設定した飛行経路を飛行し、高高度からの撮影により圃場全体を、低高度からの撮影により葉色の詳細を自動撮影することが可能だ。

「いろは」では、生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、飛行状況の確認、葉色画像の診断・管理をインターネット通じて行える。撮影した画像は、圃場内の位置に合わせて自動管理し、タブレットで全ての葉色を見ることが可能で、害虫情報、作業情報などを入力することにより、毎日の葉色の確認を容易にし、きめ細かな生育管理を実現する。

提供プランは、購入(専有)モデル、シェア(共有)モデルなどの複数モデルを用意。シェアモデルでは、「はかせ」と「いろは」共に機体を複数人で共有し、利用者各々が持つ専用タブレットでサービスを利用することが可能なプラン。1名あたりの費用負担を減らしながらサービスを利用することが可能だ。

提供価格(税別)は、X-F1本体・散布装置一式・付属品・タブレット・保険・クラウド年間利用料を含んだ「基本セット」が320万円、2年目以降は別途、保守点検・保険・クラウド年間利用料が必要。

シェアモデルの価格(税別)は、「基本モデル」320万円に加え、2ユーザー以降は、タブレット端末とクラウド年間利用料として、月額1万5000円/ユーザーが必要となる。

今後、「はかせ」と「いろは」をシステム連携することにより、「いろは」を通じて害虫発生地点などの農薬散布が必要な場所を確認し、X-F1によりその場所に散布をする「適所散布」を支援する機能の追加などを予定している。

(山本明日美)