徳川家康公、人生最後の居城となった駿府城の天守台大型調査が行われていますが、一般の人も参加できる「発掘体験日」の参加者募集が5月10日より開始されます。

【すべての画像や動画はこちら】

 駿府城の天守台は江戸城をしのぐ大きさだったと考えられており駿府城の天守台は推測66m×57m、江戸城の天守台は45m×41mとされています。静岡市が行っているこの調査は、家康公が駿府城で没後400年余のときを経て行われる、初の天守台大型調査となります。通常、一般の人が発掘作業を行うことはできませんが、今年度はじめて20日間限定で実施が決定しました。

 申し込み期間は5月10日から希望体験日の4日前まで。ただし先着順で定員各回40名となっています。また実施は各日2回行われ、時間は9時30分〜10時30分、14時〜15時まで。申し込み方法は、静岡市コールセンターで受付が行われており、番号は054-200-4894。受付時間は8時〜20時までとなっています。

 当日は、基本行程が60分。駿府城紹介ビデオ視聴・展示見学が約10分。体験発掘は約30分。瓦の拓本が約20分と、それぞれ体験できます。なお、雨天時は発掘の代わりに瓦の洗浄体験を実施。体験料金は中学生以上1000円で中学生以上には現地限定販売のガイドブックがついています。小学生は500円。それぞれ当日現金払いとなります。小学生は4年生以上からの参加となり、中学生以上の同伴が必要です。

■実施日
6月:10日(土)、11日(日)、24日(土)、25日(日)
7月:8日(土)、9日(日)、22日(土)、23日(日)
8月:12日(土)、13日(日)、26日(土)、27日(日)
9月:9日(土)、10日(日)、23日(土)、24日(日)
10月:8日(日)、14日(土)、22日(日)、28日(土)

(HideI)