...大丈夫なフリをして作り笑いをするのはもっと好きじゃない #ふたりごと

写真拡大 (全5枚)

ひーちゃんのポルトガル、素敵だった。

「ここに地終わり海始まる」の石碑があるロカ岬に私もいつか行ってみたいの。

いまの自分の旅のスタイルが結構気に入っているんだ

旅の予定はヨーロッパやリゾートが浮上中なんだけど、昔といま、比べてみると旅の仕方が変わってきてる気がする。

行く場所で動き方も準備も変わって、ヨーロッパなら下調べを万全に、リゾートなら何も考えずに、友だちがいる国なら観光やショッピングよりも、友だちとのんびり過ごすようになった。

旅に出る目的で旅先を選ぶようになったから、必然なのかもしれないけど、いまの自分の旅のスタイルが結構気に入っているんだ。

強制的に電波の入らない所に行ってみたいなぁ。なんてぼんやり思ってる

20170510_kumi2.jpg

いま、じつはデジタルデトックスの旅に興味があって、強制的に電波の入らない所に行ってみたいなぁ。なんてぼんやり思ってる。

ついネットサーフィンやインスタサーフィンをしてしまったり、LINEやメールがとめどなく届いたりして、必要ない情報もひとつひとつを受け止めてしまう自分がうまくコントロールできなくて。

ネットリテラシーが低い方ではないと思うんだけど、もっとスルー力やSNS上の交友関係のバランスをうまくとれるようになりたいの。

うれしいことや楽しいことの方がたくさんあるんだけど、たまに起きる悲しいことにもスマートに対応できるようになるために、いったん離れてみようかと。

仕事があるからいきなり携帯をオフにすることはしないけど、準備をして、旅に出なくても携帯から離れてみるかもしれない。これもまた、違う環境の自分に出会えそうな「旅」だよね。

20170510_kumi4.jpg

この歳になってもまだ、ネガティヴなことをいちいち受け止めてしまう自分は好きじゃないけど、大丈夫なフリをして作り笑いをする自分はもっと好きじゃない。

傷つくけど、その先でこの感情をどう処理している自分がいるのかを知りたいから受け止めることは放棄しない。

でもあれこれ考えると全部がよくわからなくなって、動けなくなっちゃうのは止めたい。だってその先の感情にすらたどり着けないから(笑)。

ひとつひとつ自分で答えを見つけていくしかない

20170510_kumi5.jpg

ファッションはエレガントでシンプルなスタイルに行きついた。

でも思考はそう簡単にはいかなくて、何かを経験するたびに選択をせまられる感じがずっと続いていて、毎回自分に足りないものを見つけて、それを埋める旅を続けているよ。

私はだれかの方法を真似してもつけ焼き刃でしかなくて、結果遠回りすることになるから、ひとつひとつ自分で答えを見つけていくしかない。

そんな旅だけど毎回エキサイティングで苦しくて楽しい。

ふとソファを見るとシンプルに生きている愛犬たち。目標はキャンディとJIROのように生きることかな。

ひーちゃんの愛猫ちゃんは元気?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

こちらも読まれています

・世界三大美術館。ルーヴル、メトロポリタン、あとひとつは? そこに史上最強の女性がいた

・グッチをゆるく着こなすふたり組。じつはすごい人だった #sponsored

・あなたのパワーアイテムは何ですか? 東京女子6人に聞いた #sponsored