海外の男性が手作りのギターを、刑務所に服役中の叔父からもらったそうです。

なんと原材料は、すべてアイスキャンディのスティック。

ユニークなギターをご覧ください。

 

A guy I met showed me this guitar he got from his uncle in prison. It's made completely out of popsicle sticks and glue.


思ったよりしっかりした形!


背面。のりで接着してあるとのこと。


内部もこの通り。

刑務所の中で作ったそうで、手に入る材料も限られていたのでしょう。普通は捨ててしまう端材でも、これだけのものができるのですね。

弦を張ったら、どんな音を奏でるのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ストリングが張られたら、どんな音が鳴るのかな。

↑おそらく1万本くらいのアイスキャンディのスティックがパチンと鳴る……。

(投稿者)自分も疑問に思った。実際は驚くほどしっかりしている。ネック部分に手で張力を加えてみたけど、がっちりしていた。ただし、ここにチューニングのペグを取り付けるために、ドリルで穴を開けられるか心配だ。

↑そこはナイロンが使えるのではないかと思う。うまくいかないことも想定しておかないといけない。壊れたアイスキャンディ―スティック・ギターになるかもしれないからね。

●ジョークが書いてある奴だともっといいんだけど。
(アイスキャンディのスティックには、英語のジョークが書いてあるものがある)

(投稿者)内部にはジョーク入りもあるよ。

●すごく感心したよ。ひどい材料でとても良いギターを作っている。

(投稿者)それ以外の写真。
[画像を見る]
[画像を見る]

●囚人用のジョークを残してあるのが気に入った。
[画像を見る]

●刑務所でスティック武器になるじゃないか。ギターのソロ演奏を終えてから頭を殴りつけるんだ。

●ストリングがないのを見て思ったが、刑務所に大量のデンタルフロスが必要だな。

●これはギターなのかギター彫刻なのか。


強度的に可能かわかりませんが、ぜひとも音が鳴るようにしてほしい所ですね。

こちらもどうぞ。
「ギターのエフェクターを分解したら…中にこんなメッセージが書き込まれていた」

【「アイスの棒だけで作ったギターが刑務所から送られてきたんだけど…見て欲しい」】を全て見る