川崎はなぜACLで“突破力”を発揮できたのか? 2勝4分の首位通過に見るJリーグとの違いは…

写真拡大

2014年大会に続くグループステージ突破を達成

 川崎フロンターレは9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節でイースタンFC(香港)とホームで対戦し、4-0と快勝。

 他会場の広州恒大と水原三星の一戦が2-2のドローに終わったため、川崎は2勝4分の勝ち点10で広州恒大と並び、当該対戦成績も2分(1-1、0-0)と互角だったが、アウェーゴール数で上回ったことでグループG首位通過を決めた。

 川崎がACLの舞台で戦うのは今季が5回目となるが、そのうちグループステージを4度突破。現在のチーム戦術のベースが築かれた2012年の風間八宏前監督の就任以降では、3年前の14年大会に出場しているが、その時もベスト16に進出している。アジアの舞台で一定の“突破力”を発揮できていると言えそうだが、その要因はどこにあるのだろうか。

 この日MFハイネルの先制点をアシストしたDF車屋伸太郎は、ACLでは川崎の持ち味であるパスサッカーが対戦相手を困惑させることができている実感があるという。

「アジア相手だと、自分たちが深くは研究されていないことが大きいなと思う。やはりJリーグのクラブが敷いてくる守備とは異なってくる。アジアのクラブからは、川崎のスタイルを目の前にした戸惑いというのは伝わってくる」

 さらに、2点目を決めたDF谷口彰悟も車屋と同様、アジアの舞台では川崎のサッカーが日本のチームほど研究されていないことが、グループステージ突破の重要なファクターになっていると語った。

「他の国からすると、川崎は独特なサッカーだと感じるだろうし、アジアでは川崎のようなサッカーをするチームはなかなかないと思うので、研究もしづらいと思う。その部分は差になったなと感じている」

 5日に行われたJ1第10節アルビレックス新潟戦(3-0)で長期離脱から復帰を果たし、引き続き先発出場となったMF大島僚太が口にしたポイントは、川崎がピッチで示す一貫性だ。

「日本を代表してACLを戦うという責任感は、どのチームにだってあると思うし、そこの点では同じだと思う。川崎はそのなかで特に技術を武器にしている分、アジアでもブレずに安定して戦っていけている部分はある」

ビッグクラブへの有効的な打開策

 鬼木達監督は今季就任したばかりで試行錯誤の段階にあるものの、ACLに関しては、これまで川崎が積み上げてきたスタイルを貫く形での戦いに大きな手応えを得ているようだ。実際に、アジア王者の広州恒大にも2戦2分と五分の戦いを演じている。

「チームが100%でシーズンに入ったわけではないので、我慢強く、負けない試合をしていかないといけないと思っていた。アジアの舞台には日本にいないような強力なアタッカーもいる。そういう選手にボールを触らせないためには、ビッグクラブ相手にこちらがボールを保持して回し続けるということがとても有効的だと実感できているし、それこそが我々のスタイルなんだと再確認した」

 選手、監督がともに口にした言葉として浮かび上がるのは、長年一貫してきたパスサッカーが、Jクラブに比べて研究し尽くされていない他国チーム相手には、効果を発揮しているということだ。

 その点は、最終節を待たずしてグループステージ突破を決めている浦和レッズにも該当するだろう。2013、15年はグループステージ敗退を喫したものの、昨季に引き続き2大会連続で決勝トーナメント進出を達成。持ち前の流動的なパスサッカーでウェスタン・シドニー・ワンダラーズを4-0、FCソウルを5-2と撃破し、強豪の上海上港にもホームで1-0と競り勝つなど、ライバルチームに大きな驚きを与えている。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下、長年に渡って浸透させたスタイルがアジアの舞台で威力を発揮しているのは間違いない。

 一方、川崎にとってターニングポイントとなりそうなのが、10日にグループステージ最終節を控えている鹿島アントラーズの動向だ。

「日本同士で潰し合うのは…」

 10日に行われる予定のACL最終節の結果により、鹿島が2位通過となった場合、ベスト16で川崎と鹿島の日本勢の直接対決が実現する。これに関しては川崎の監督、選手ともに難色を示している。仮に鹿島との対戦となった時は、5月19日のリーグ第12節の対戦も重なり、決勝トーナメント1回戦の第1戦が23日、第2戦が30日と3連戦が決定するのだ。

 車屋や谷口が「鹿島との3連戦は正直厳しい。せっかくのアジアの舞台なので他国チームと対戦したい」と口にしたのに加え、鬼木監督やハイネルは「早い段階で日本のチーム同士がぶつかるのはもったいない」との見解を述べた。

 実際に川崎のサッカーを熟知する鹿島との対戦は、なるべく避けたいのが本音だろう。しかし、MF中村憲剛は「ここで日本同士が潰し合うのはもったいない」とした上で、「対策を練られても、その一枚上をいくようなチームになっていかないといけない。次(リーグ戦で)当たる磐田だって、川崎の対策をしてくるんだろうから、それを越えていかないと」と指摘。それがJリーグの上位争いに絡む上でも、避けては通れない道となるのも確かだ。

 今季のACLグループステージを無敗で切り抜けたことは、川崎にとって一つの自信になったことだろう。この“突破力”をJリーグにも還元することができれば、ACLとの二兎を追うことも決して不可能ではないはずだ。

【了】

城福達也●文 text by Tatsuya Jofuku

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】YouTubeのJリーグ公式チャンネルで公開されたACL「川崎フロンターレvsイースタンSC」のハイライト

[embed]https://youtu.be/CJTMxeO5uMY[/embed]

YouTubeのJリーグ公式チャンネルで公開されたACL「川崎フロンターレvsイースタンSC」のハイライト