写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●初代は第3のエコカーとして存在感、新型は?
ダイハツ工業が軽乗用車「ミラ イース」をフルモデルチェンジして発売した。2011年に登場した初代ミラ イースは、低価格・低燃費を売り物とする“第3のエコカー”として注目を集めたが、今回の新型を見ると、軽自動車メーカーの勝負が新たなステージへと入ったような印象を受ける。

○ダイハツの新たな軸とは

初代ミラ イースが登場した2011年は、原油価格が上昇し、社会的にも環境志向が高まっていた頃。自動車業界ではハイブリッド車(HV)が存在感を増す中、ダイハツが初代ミラ イースでチャレンジしたのは、HVと同等の燃費性能を、HVの半額で実現するという目標だった。そのハードルをクリアした初代は、第3のエコカーとして注目を集めたという。

その初代から進化した新型ミラ イースは、燃費が1リッターあたり35.2キロで、価格は84万2400円からの設定となっている。月間販売目標台数は9000台だ。

新型車の発表にあたりダイハツは、低価格・低燃費が依然としてミラ イースの使命だとしつつも、「プラスアルファの魅力」として安全性能を全面的にアピールしている。

発表会でダイハツの三井社長は、「安心・安全」をダイハツの「1つの軸にしていきたい」と明言。今回のミラ イースには、小さくて高性能なステレオカメラを用いる衝突回避支援システム「スマートアシスト掘(スマアシ)を同車で始めて採用した。

ダイハツがミラ イースの安全性能を推すのには理由がある。

●低燃費・低価格は当然、軽自動車はどこで差別化を図るか
○最も価格の安いクルマだからこそ安全に

ミラ イースはダイハツで最も低価格なクルマ。三井社長によると、購入者は地方に住む高齢者が多いという。こういった車種だからこそ、安全性能の強化が最優先の課題だとダイハツは判断したようだ。クルマの安全性能という意味では「自動運転に関する議論もあるが、その前にやることがある」と語った三井社長。誤発進など、高齢者が関わる事故のニュースを少しでも少なくしたいというのが同氏の思いだ。

新型ミラ イースが採用するスマアシ靴蓮∧盥埃圓砲眤弍できる衝突警報・衝突回避支援ブレーキ機能や、前方・後方の誤発進抑制制御機能など、さまざまな安全性能を備えている。ダイハツによると、世界最小サイズのステレオカメラを使うことで、車高が低く、フロントガラス面積の狭い同車にもスマアシ靴療觝椶可能になったそうだ。

○ダイハツは安全性、競合他社はどう出る?

初代ミラ イースでは燃費と価格で軽自動車の存在意義を再定義したダイハツだったが、競合他社が燃費性能で追随する中、優位性を発揮できるポイントを探った結果が、安全性能の強化という施策につながったようだ。新型車の受注は始まっているようだが、すでに注文した顧客の8割以上がスマアシ慧觝椒皀妊襪鯀んでいるというから、安全性で訴求するという戦略は機能しているのかもしれない。

燃費と価格の次に、軽自動車は何で勝負するのか。ダイハツは新型ミラ イースで安全性という方向性を示した。スズキなどの競合他社が、どのようなポイントを推してくるのかにも注目したい。

(藤田真吾)