ガチンコか否か、決まり手で見極められる?

写真拡大

 貴乃花親方が現役だった時代の若貴ブームを彷彿させる現在の相撲人気を下支えするのが、土俵上でのガチンコ力士たちのぶつかり合いだ。30年以上にわたって八百長問題を追及してきた本誌・週刊ポストが「ガチンコの証左」を検証する。

 ガチンコか否かで興味深いのが「決まり手」だ。「中盆」として八百長相撲を仲介し、その実態を本誌で詳しく証言してきた元小結・板井(板井圭介氏)は、著書『中盆』で横綱・千代の富士の53連勝のうち、ガチンコはわずか19番だったと明かしている。

 その19番の決まり手を見ると、「寄り切り」が11番で最も多く、「上手投げ」が5番、「突き落とし」「上手出し投げ」「下手投げ」が各1番ずつとなっている。

 一方、板井氏が八百長と指摘した残り34番では、「寄り切り」が9番で最も多く、「上手投げ」が7番で続くところまでは同じだが、その後にガチンコ相撲では1度もなかった「送り出し」と「つり出し」が各4番で続いている。

 板井氏は、「八百長が蔓延る理由の一つは、ガチンコ相撲で土俵際までもつれてケガをしたくないから。だから八百長の一番では、寄り切り、送り出し、つり出しなど土俵下に落ちたりしない決まり手が自然と増えていた」と振り返る。

 それを知った上で、横綱・稀勢の里の決まり手を見ていくと、今年の初場所、春場所の2場所連続優勝であげた27の勝ち星のうち、「寄り切り」が13番、「押し出し」「突き落とし」が4番で続く。「送り出し」は1番だけで、「つり出し」はゼロだ。

「土俵際まで追い込まれながら『すくい投げ』で勝った初場所千秋楽の白鵬戦や、もろ差しを許しながら『突き落とし』で逆転した初場所中日の隠岐の海戦など、最後までもつれる相撲が増える。ガチンコ相撲だからそうなるわけです」(若手親方の一人)

 その代償としてケガのリスクは増す。春場所で稀勢の里が左腕と胸を負傷したのもまた、ガチンコの証なのだ。かつては「ケガ以外で大関が負け越すことは異例」といわれた時代もあった。

 1972年3月場所、カド番大関・前の山は5勝6敗で12日目の大関・琴櫻戦を迎えた。この一番では、立ち合いからほぼ無抵抗で琴櫻が土俵を割り、ファンから抗議が殺到。協会は「無気力相撲」として注意し、前の山は翌日から休場に追い込まれた。大関在位わずか10場所だった前の山だが、そのうち5場所連続で8勝7敗を記録し、「ハチナナ大関」と揶揄された。

「無気力相撲の指摘さえなければ、前の山はもっと大関で居続けられたでしょう。“大関互助会”と揶揄されることもあったくらいで、陥落するのは魁傑、三重ノ海ら、星の貸し借りをしないガチンコ力士ばかりだった」(ベテラン記者)

 一方、今年初場所では琴奨菊がカド番で負け越し大関陥落。10勝すれば返り咲きできる春場所でも9勝6敗に終わった。

「今の幕内上位には隠岐の海、正代、御嶽海、高安、松鳳山といったガチンコ力士がひしめいていて、大関陥落も復帰も、筋書きのないドラマになる。春場所では5敗で14日目を迎えた琴奨菊が、よりによって稀勢の里と並んで優勝争いのトップを走る大関・照ノ富士と対戦することになってしまい、ガチンコの一番で6敗目を喫した」(同前)

 5月場所では、先場所途中休場した豪栄道がカド番大関となる。どんなドラマが待つかは誰にもわからない。それこそがガチンコの醍醐味なのだ。

※週刊ポスト2017年5月19日号