X JAPANのYOSHIKIが米国時間2017年5月16日(火)に、頚椎人工椎間板置換の緊急手術をロサンゼルスで行うことがわかった 。

発表によると、YOSHIKIは、身体を酷使する激しいドラムプレイにより2009年7月に頸椎椎間孔狭窄症と診断され、頸椎椎弓切除・頸椎椎間孔切除2つの手術を受けていた。約半年前から頸椎椎間板ヘルニアの悪化で、手・腕に麻痺・強度のしびれなどの症状が表れ、すでに演奏にも支障をきたしていたという。病院で精密検査を受けた結果、「頸椎椎間孔狭窄症」(左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニア)と診断され、日米双方の医師と何度も協議を重ねた上で、この度手術をせざるを得ない状況と判断された。

日本の医師からは、今のYOSHIKIの首の状態は、まるで引退を余儀なくされたラグビー選手のような強烈なダメージの受け方であり、肉体的にも精神的にも限界がきているのではないかと告げられたという。尋常ではないスケジュールをこなしていたため、神経系統の機能も含め、さらに症状が悪化した模様。去年のVisual Japan Summitでのパフォーマンスや日本・香港のYOSHIKI Classical Specialツアー、今年の米カーネギーホール公演、そして 英ウェンブリーアリーナ公演など立て続けにパフォーマンスが続いており、さらに他のメンバーの体調も考慮しながら一人で X JAPAN及び映画「We Are X」のプロモーション活動を行い、20以上にも及んだ各国映画祭への参加なども現在の病状に影響を及ぼしたようだとの見解だ。

主治医のトミー・トミザワ氏は「現在の病状を診断したところ、今の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況なため、 緊急に手術することを決定しました。MRI とCTスキャンの結果を見る限りでは、ダメージがひどく相当な痛みを伴いながら演奏を続けてきたと想像します。2回目の手術ということで、骨を削る頸椎椎間孔切除という選択肢を外し、今回は人工椎間板置換手術を行います。去年10月に日本で行われたVisual Japan Summitで症状が再発し、今年1月に行われた米カーネギー公演では既に左手の感覚を失っていました。その後3月に行われた英ウェンブリー公演後、症状はさらに悪化しましたがそのままレコーディングを続けていました。本人はこのまま終わりまで続けたいと言っていましたが、症状が深刻化したため、日米のドクターと話し合った結果、このままではアーティストとして再起不能になると判断し手術をする運びとなりました。」とコメントしている。

手術は5月16日に米ロサンゼルスの病院にて行われる予定。5月に予定されていたスケジュールは全てキャンセルを余儀なくされるが、7月に予定されている「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」、8 月から9月にかけて予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショー、及びLAを皮切りにスタートする予定であった世界ツアーの予定日なども現在米エージェントのウィリアムモリスと緊急協議中とのこと。「エージェント、プロモーターと共に「中止」「振替」「決行」の選択肢を、術後の経過を慎重に見守った上で早急に判断をし、対応についてお知らせさせていただきます。」としている。