写真提供:マイナビニュース

写真拡大

さくらインターネット、日本マイクロソフト、アイティーエムの3社は5月9日、IoT事業において協業すると発表した。

3社は2020年までに、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」に、さくらインターネットのIoTプラットフォームサービス「sakura.io」の「さくらの通信モジュール」を、1500万台以上接続することを目指す。

さくらインターネットと日本マイクロソフトは共同で接続検証を重ね、Microsoft AzureでIoTにおける双方向通信を実現する「Microsoft Azure IoT Hub」と「sakura.io」をセキュアに接続させることを実現。

これにより、顧客は「sakura.io」の通信モジュールからMicrosoft Azure IoT Hubのデータ分析プラットフォームまで、開発作業を行うことなく簡単に接続することができる。

アイティーエムは、Microsoft Azureの導入支援・運用監視サービスとセキュリティ診断サービスを2017年7月から提供を開始する。

また、事前検証の希望者には、日本マイクロソフトが事務局を務めるIoTビジネス共創ラボにて、ソリューション検討を具体的に進められるように支援する。

さらに、ハンズオンドキュメントや、連携する通信モジュールのサンプルコードを公開し、利用者自身が検証を実施できる環境を整備するほか、3社共同でのIoT開発者向けのワークショップ、並びに共同セミナーやWebマーケティング活動を実施する。

(辻)