写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは5月9日、AI技術群「NEC the WISE」やIoTを活用し、カスタマーエクスペリエンス(Customer Experience:顧客経験価値、以下 CX)の理解を通して、企業と利用者の絆の強化を支援するソリューションを体系化し「NEC Customer Experience Solutions」として確立したと発表した。

「NEC Customer Experience Solutions」は、CXのライフサイクルをカバーする上で最適なソリューションやNECが保有するアセットを体系化したもので、顧客のビジネス環境・ニーズに合わせてカスタマイズしたソリューションを提案する。

「NEC Customer Experience Solutions」のサービスとして、CXデータの収集・処理・分析・活用における成熟度を見極め、課題探索フェーズから支援可能な「CXコンサルティングサービス」を新たに提供する。

同サービスは「アセスメントサービス」「コンセプトプランニングサービス」、「Digital Marketing PoC-KiT」「仮説検証サービス」から構成される。

「Digital Marketing PoC-KiT」はウフルと連携したデジタルマーケティングを起点とする検証サービスで、「アセスメント」「コンテンツキュレーションサイト」「ブランドモニタリングダッシュボード」「消費者Web行動分析パッケージ」から構成される。

同社はセールスフォース・ドットコムや日本オラクルなど、パートナー企業と連携して、「NEC Customer Experience Solutions」のソリューションを提供する。

具体的には、NECを含め70社以上へ、セールスフォースオートメーション(Salesforce Sales Cloud)やカスタマーサポートサービス(Salesforce Service Cloud)などを導入した実績に基づく知識により、迅速なソリューション展開を実現するほか、マーケティング業務向けクラウド製品群「Oracle Marketing Cloud」のマーケティングオートメーション製品「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」とその活用ノウハウを提供する。

(辻)