写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●精神と技術を未来に語り継ぐ新たなマイルストーン
スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、ロンジンはその豊富なコレクションライブラリーから、精度を徹底的に追求した新作を自動巻とクォーツで発表。多くの競技大会に公式計測器を提供してきたロンジンの伝統と誇りを体現したこれらの超高精度モデルは、今年で創業185周年を迎える同社の時計作りの精神と技術を未来に語り継ぐ、新たなマイルストーンとなりそうだ(掲載写真はすべてクリックで拡大表示。価格はすべて予価で税別)。

○レコード

スイスクロノメーター検定協会「COSC」(Controle Officiel Suisse des Chronometres)が、厳しいテストにパスした高精度なムーブメントのみに与える「COSC認定」。2017年の新作「レコード」は、このクロノメーター認定自動巻ムーブメントをロンジンの製品で初めて搭載した、超高精度モデルだ。

ロンジンがその歴史の中で培ってきた、クラシカルなエレガンスと高度な職人技術を融合。ムーブメントにはシングルクリスタルシリコン製ひげゼンマイを採用し、酸化や通常の温度変化、磁場、気圧変化などの影響を克服。精度と耐久性を大幅に向上させた。これが、きわめて難関といわれるCOSCのクロノメーター認定をパスしたキーテクノロジーだ。一方、デザインはロンジンらしい普遍的なエレガンスを継承。同社の総合的な時計技術の高さを物語る、今後の定番ラインになりうるコレクションだ。

パワーリザーブは40時間。ケース素材はSS(ステンレス・スチール)。サイズは38.5mmのメンズモデルと26mmのレディースモデルが用意される。いずれも3針デイト表示。風防は傷防止加工のサファイアクリスタル(無反射コート)で、3気圧防水。SS製のブレスレットまたはアリゲーターストラップが付属する。

メンズモデルの価格は、ブラックラッカーダイヤルにダイヤモンド13石をセットしたモデルが29万6,0000円、ダイヤモンドなしのモデルが25万2,000円。レディースモデルの価格は、ダイヤルとベゼルにダイヤモンドをセットしたモデルが48万8,000円。ダイヤルにダイヤモンドをセットしたモデルが27万7,000円。その他は23万3,000円。すべて今秋発売予定。

●精度限界に挑戦した「コンクエスト V.H.P.」
○コンクエスト V.H.P.

ロンジンがクォーツムーブメントにおいて精度限界に挑戦したモデルが「コンクエスト V.H.P.」だ。「V.H.P.」とは、「Very High Precision」(超高精度)の頭文字を取ったもの。

本作の源流は、1954年までさかのぼる。この年、ロンジンは原子時計レベルの精度を持つクォーツ時計を初めて開発。スイス・ヌーシャテル天文台で、精度維持期間の記録を次々と塗り替えた。その技術力を駆使して、ロンジンは1969年、世界初の量産可能なクォーツ腕時計「ウルトラクォーツ」を発表。さらに1984年には、当時の精度記録を打ち立てたクォーツムーブメントを搭載した、最初の「コンクエスト V.H.P.」が発表された。

こうした歴史を踏まえて発表された新しいコンクエスト V.H.P.は、ETA製のロンジン専用ムーブメントを搭載。年差±5秒という高精度を誇り、衝撃が加わったときや磁場にさらされたときは、GPD(ギアポジション探知)システムにより、自動的に針位置を補正できるようになっている。たとえば、磁石を時計に近付けると針の駆動がロックされ、磁石を遠ざけると、GPDシステムにより針がジャンプして現在時刻に戻るのだ。

その様子を動画で撮影したので、ぜひご覧いただきたい。時計に近付けているオレンジ色のチップが磁石だ。

コンクエスト V.H.P.は、3針モデルとクロノグラフモデルで展開。ダイヤルはブラック、ブラックカーボン、シルバー、ブルーの4色で展開。ケース素材はSSで、ケースサイズは3針モデルが41mm、クロノグラフモデルが42mm。風防は傷防止加工のサファイアクリスタル(無反射コート)で、5気圧防水。フォールディングクラスプ付きのブレスレットが付属。価格は3針モデルが12万1,000円、クロノグラフモデルが19万6,000円。今冬発売予定。

●クラシカルなエレガンス、「ヘリテージ コレクション」
○ロンジン ヘリテージ 1945

ロンジンが、その歴史の中で「精度」とともに大切にしてきた「クラシカルなエレガンス」。その精神の具象化として、毎シーズン、同社の新たなルーツを掘り下げる「ヘリテージ コレクション」。今回、復刻のスポットライトが当てられたのは、ベージュとコッパー(銅色)のカラーが象徴的な1945年のモデルだ。

「ロンジン ヘリテージ 1945」は、堅牢なSSケースとヘアライン入りのコッパーダイヤル、ヴィンテージ感覚のレザーストラップの暖かみといった要素がエレガントに融合したモデルだ。アラビアインデックスとシルバーの半球の目盛りなど、20世紀中頃のスタイルを忠実に再現。ブルーのリーフ型針や中央に位置するスモールセコンドがアクセントとして、時計としてのデザインを引き締めている。

オリジナルモデルは手巻ムーブメントを搭載していたが、今回の復刻版では自動巻ムーブメントに変更されている。パワーリザーブは42時間。ケースサイズは40mm。風防は傷防止加工のサファイアクリスタル(無反射コート)で、3気圧防水。価格は21万5,000円。今秋発売。

(青木淳一)