スーツ着たままで

写真拡大

日本初という、仕事をしながらフィットネスが出来る「運動と仕事の融合スペース」が名古屋に登場した。

スーツを着たまま革靴をはいたまま、エアロバイクにまたがりビジネス会議も出来る「TASFITNESS(ティー・エー・エス・フィットネス)」。2017年5月8日にオープンした。

PCをフィットネス器具にセット

「TASFITNESS」を始めたのは、「社員付きレンタルオフィス」を運営するタスクール(名名古屋市)。運動しながら会議やパソコンで作業が出来るように、机や椅子、パソコンが取り付けられたフィットネス器具を常設した。

24時間オープン(24時最終入館)で、入退室管理にIT化、月額4000円(タスクール会員は2000円)と「利用しやすい価格」を実現したという。

同社は「この40年間で、ビジネスマンの平均年齢は38歳から45歳に上昇、約7歳も高齢化し『経営』と『健康』の関係が大きな社会問題」であり「生産性向上が企業経営の健全化に直結するため、健康に投資することも経営者として重要な要素となってきている」と指摘。それが「TASFITNESS」の開業の動機という。