Appleが現地時間5月9日、対象メディアなどに向けて、6月に米カリフォルニア州サンノゼで開催される世界開発者会議(WWDC)2017への招待状の送付を開始しました。

「サンノゼマッケンナリーコンベンションセンター」で開催

招待状の発送により、今年のWWDCが「サンノゼマッケンナリーコンベンションセンター」において、現地時間6月5日の午前10時より開催されることが明らかになりました。同センターはサンノゼのダウンタウンに位置します。
 
米メディアAppleInsiderは、昨年の招待状では基調講演が派手なグラフィックやタグで強調されていたものの、今年の招待状は地味、と記しています。実際招待状を見ただけでは、何が発表されるのかはまったく見当がつきません。
 
これまでの噂や情報を総合すると、今年のWWDCはOSが中心となる見通しで、iOS11、macOS10.13、tvOS 11、watchOS 4が発表されると見られています。
 

Siri搭載スピーカーは登場するのか

ハードウェアについては、ホーム機器のハブとなるSiriを搭載したスピーカーが発表されるとの噂が浮上しています。発売されれば確実に競合するのがAmazon Echoですが、Amazonも新型スピーカーEcho Showを発表したばかりです。
 
またiPad Proのアップグレード版や、1年以上アップデートされていない12インチMacBookの新モデルがそろそろ発表されてもいい頃ではないかとの期待もありますが、これらについての情報は今のところほとんど流れていません。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)