中国海軍の創設記念ポスターが波紋(ウェイボーより)

写真拡大

 中国海軍の創設68周年記念日(2017年の4月23日)に合わせて、中国国防省が作成した記念ポスターで、中国初の空母「遼寧」の艦載機としてロシア軍戦闘機「ミグ35」が描かれているほか、その護衛艦としては米軍の軍艦や潜水艦が空母の近くを遊弋しているなど、まったくでたらめな構図であることが分かった。

 ネット上では、「やはり、中国軍の兵器はロシア軍やアメリカ軍のパクリだったことが証明された」などとの辛辣なコメントが飛び交っている。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 このポスターは中国国防省の公式「微博(ウェイボー)」上で23日発表されたもので、「遼寧」から出撃したとみられる戦闘機3機が上空を飛行し、空母のすぐ近くの海上には、遼寧と並行するようにして航行している2隻の軍艦と潜水艦1隻が描かれている。

 ポスターの上部には「中国海軍、ブルーウォーターを往く 68歳の誕生日おめでとう 1949-2017」と中国語で書かれている。

 ところが、ポスターをよくよく見てみると、戦闘機はロシア製のミグ35であることが分かる。遼寧の艦載機は本来、殲15(J-15)のはずで、明らかなミス。さらに、護衛艦も中国海軍が所有していないはずの米軍艦船であることもネットユーザーから指摘されており、まったくのでたらめであることが判明した。

 潜水艦自体はぼんやりと描かれており、その具体的な艦名は特定されていない。ポスターの右隅には「@国防部発布」とあり、中国国防省が業者に発注したものとみられ、ポスターの原画自体をチェックせずに、そのまま発表したようだ。

 ネット上では「中国国防省ともあろうものが、とんだ赤っ恥」とか、「国防省の広報部門は完全に素人だ」「画像処理が街なかのコピー屋レベル」との批判のほか、「いや、これは中国海軍の実体をそのまま反映している。なぜならば、遼寧もウクライナ製であり、殲15もミグの模造品、また中国海軍の軍艦もアメリカのパクリであるなど、このポスターから中国軍の実体が明らかにされたからだ」との辛辣なコメントが書き込まれている。