最近の生活はセレブそのもの(写真:dpa/時事通信フォト)

写真拡大

 シリア空爆に米朝緊張と、軍事行動を厭わない姿勢をトランプ大統領が鮮明にしていく中で、米国内では戦略的忍耐で“安定”をもたらしたオバマ前大統領時代を懐かしむ声が広がっている。

 しかし、そんな郷愁感が一瞬にして醒めるニュースが、4月末に駆け巡った。

 オバマ氏が今年の9月にニューヨーク・ウォール街で投資銀行主催の会議に出席し、講演を行なうことが明らかになったのだ。その報酬額は40万ドル(約4500万円)とされ、大統領時代の年収をたった1回の講演で稼ぎ出すことになる。

 かつては政治家がウォール街と癒着することで政治の腐敗を招くと指摘し、「一般の人々の犠牲でウォール街が潤う経済政策を続けることはできない」などと、「庶民寄り」を強調してきたオバマ氏だけに、その“変節”には批判的な声が上がっている。元産経新聞ワシントン駐在特派員で在米ジャーナリストの古森義久氏が言う。

「米国では“大統領は退任後に稼ぐ”と言われています。特に儲かるのが回顧録の出版。これまでの出版契約金の最高額はビル・クリントン氏の1500万ドル(約17億円)でしたが、この2月、オバマ夫妻が契約した金額は6000万ドル(約68億円)と言われ、最高額を更新。オバマ氏が荒稼ぎしていることに民主党の議員からも、“残念だ”などの否定的な声が上がっています」

 最近のオバマ氏の生活はセレブそのものだという。

 今年1月の退任直後、オバマ氏はタヒチの超高級リゾートで家族と共に1か月の長期休暇を楽しんだ。滞在先はコテージにプライベートプールが付き、1泊の宿泊料金はなんと24万〜150万円。バカンスに少なくとも7000万円以上を費やした計算になる。

 現在は、ホワイトハウス近くの高級住宅地にある約6億円の豪邸に住み、ハワイに9億円、カリフォルニアに5億円ほどの別荘を所有。別荘滞在中は趣味のゴルフ三昧だという。オバマ氏がセレブ生活を送るのは、家族の影響もあると米国在住ジャーナリストが語る。

「妻のミシェル氏がホワイトハウス時代の生活水準を維持したがっていることが、理由の一つだと言われています。ミシェル氏は金遣いが荒く、大統領夫人時代には彼女が母親や子供たちと行った外遊交通費だけで27億円を超えていました。シカゴの貧民街に生まれた彼女は生活水準を落とすのを嫌っているといわれ、それをオバマ氏も分かっているから金稼ぎに余念がないのでしょう」

※週刊ポスト2017年5月17日号