トイレットペーパーはシングル派? ダブル派? 関東と関西で意見が分かれたよ〜っ

写真拡大

突然ですが、質問です。あなたの家のトイレットペーパーはシングルですか? それともダブルですか?

参考までにアンケートサイト「みんなの声」に寄せられた調査「トイレットペーパー、1枚派? 2枚派?」の総合ランキングをチェックしてみたところ、全体の約6割にあたる2万8611票を集めてダブル派が1位を獲得。シングル派は約4割の1万8027票と、ダブル派が優勢だったようです。

【シングルとダブルの違いってなあに?】

先へ進む前に……まずは、トイレットペーパーにおけるシングルとダブルの違いを確認しておきたいと思います。

大王製紙「エリエール」公式サイトの Q&A には、ダブルとシングルの紙の違いは「紙の質」とありました。

「シングルの紙を2枚合わせたものが、ダブルではありません。シングルは1枚のみで使っても破れたりしないように、少し厚手の紙で作っています。ダブルは紙のやわらかい面同士を外側にして作っています。2枚合わせることにより、紙自体の強度が増し、よりふっくらとしたボリューム感を実現しています」

なんと! 「シングルの紙を2枚合わせたもの=ダブル」ではないんですってよ、みなさん……! 正直に告白しますと、わたしは長らくそのように勘違いしておりました。恥ずかしっ。

【関東と関西で好みがわかれる結果に】

さて、それでは本題に戻りましょう。「トイレットペーパー、1枚派? 2枚派?」調査でもっとも興味深かったのは、地域別ランキングの結果です。

47都道府県の中で、ダブル派が1位を獲得していたのは、北海道、東北、関東、中部地方の一部、九州そして沖縄県。

一方シングル派が1位を獲得していたのは、関西と中国・四国地方全域、そして中部地方の一部。おもに関西を中心とした地域が、シングルのトイレットペーパーをより支持しているようです。

【わたしはダブル一択です!】

福島県出身で東京在住のわたしは物心ついたときから今の今まで、ダブル一択。なぜダブルなのかというと……しいて言うなら安心感、でしょうか。

そしてダブルならではの “柔らかな肌触り” も、やはり大きな魅力。部屋で使うティッシュ含め、肌に直接触れるものはやさしく、また柔らかいものが好きなので、ついついダブルに手が伸びてしまいます。

【シングル派の意見「節約になるから」】

ここで気になってくるのが、シングル派の人の意見。社内のシングル派スタッフにさっそく話を聞いてみたところ、次のような答えが返ってまいりました。

「節約になるから。関西人は節約上手やからね」

……語尾に現れた方言で察していただけるかとは思いますが、案の定(?)シングル派スタッフは大阪出身でした。そして理由が「節約」て……期待を裏切らない答えを、ありがとうございまっす!

【小さな子供がいる家庭もシングルをチョイス…その理由とは?】

ちなみに子供がいる友人(30代女性)もシングル派。理由は、「子供がトイレットペーパーを思いっきり引っ張ってしまうから、ダブルだとすぐなくなっちゃう」とのことでした。

巷で販売されているトイレットペーパーのシングルとダブルをよく見比べてみると、ダブルの長さはだいたいシングルの半分くらい。2枚重ねているぶん、ダブルのほうが短めに設定されているようです。だから「ジャンジャン使われる恐れがある場合だとシングル」ってわけなのね……。なーるほど、目からウロコ〜!

参照元:みんなの声「トイレットペーパー、1枚派? 2枚派?」、大王製紙
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む