AIGグループが公開中のスペシャルムービーに出演する青島心

写真拡大

世界の保険業界のリーダーであるAIGグループが、ラグビー・ニュージーランド代表の“オールブラックス”とタッグを組んだスペシャルムービーを公開中。

【写真を見る】注目のフレッシュ女優・青島心が得意の少林寺拳法の“カタ”を披露!

東京を舞台に、ラグビーの最強チームが街中で華麗なタックルを決めながら、身の回りに潜むさまざまなリスクを回避していく映像が話題を呼んでいる。

モデルであり、女優としても活躍している青島心は「歩きスマホをする女子高生」編に出演。

体を張った(?)演技を披露している。衝撃的な映像の撮影秘話や今後の目標など、インタビューを通してフレッシュな横顔に迫った。

――ラグビー選手にタックルされるシーンはインパクトがありますね。

そうですよね(笑)。オーディションの時点でタックルされるシーンがあることは分かっていました。

自分が出演できると知った時は素直にうれしいという気持ちがありましたけど、結構派手に飛ばされるみたいだったので…。怖さの方が大きかったです。

――オーディションでもタックルされたんですか?

ラグビー選手ではないですけど、スタッフの方から「横から押すから倒れて」って言われて受け身の演技に挑戦しました。もしかしたら本番よりも衝撃が強いんじゃないかなと思うくらいの力で押されたので、その時から怖いという気持ちがあったのかもしれません。

――少林寺拳法の黒帯だと聞きましたけど、運動神経はいいタイプですか?

少林寺拳法は自分からやりたいと言ったわけではなく、お父さんに「習いなさい」って言われて始めたので、運動自体は苦手です(笑)。運動神経も悪い方だと思います。

――学校の体育の時間は?

あまり好きではなかったです。特に長距離走は大っ嫌い!(笑) もともと体を動かすことがイヤで、今も休みの日は外に出ないことが多いインドア派です。

――タックルされるシーンはどういうふうに撮影したんですか?

私がスマホをいじりながら歩いていると、オールブラックスの方たちがやってきてタックルされるんです。最初は、私をタックルした後に持ち上げて、そのまま倒れるまでをスローモーションで撮影し、その後にスタントの方と代わって、私と同じように撮りました。

――飛ばされるシーンは青島さんではないんですか?

それが、私にも分からないんです(笑)。

――分からないとは?(笑)

実は、次の日にグリーンバックで撮り直したんです。その時は本当にタックルされて、ワイヤーでつられながら飛んでいきました(笑)。だから、実際の映像はどっちを使っているのか私にも分からないんです。でも、たぶん私が飛ばされている方だと思います(笑)。

――タックルしたのはジェローム・カイノ選手でしたけど、すごい衝撃でしたか?

それが全然なかったんです。すごいスピードでぶつかってきたはずなのに、どこも痛くなかったんですよ。やっぱり、プロの方って力加減を知っているんだなって思いました。

――そのカイノ選手をはじめ、オールブラックスの皆さんの印象は?

皆さん、ホントに大きいんですよ。当たり前ですけど、話す言葉も英語で(笑)。

最初はどうやってコミュニケーションをとったらいいんだろうって戸惑いましたけど、私が倒れたシーンを撮り終えた時に自然な感じで手を差し伸べてくださったんです。ジェントルマンでした(笑)。

それに、私は「hang in there(ハングインゼア)」という覚えたての英語しか話せなかったんですけど、皆さん笑顔で話し掛けてくださいました。とても優しい方たちだったのでうれしかったです。

――今年の1月クールに放送されていたテレビ東京系ドラマ・絶狼シリーズ「絶狼―DRAGON BLOOD」ではヒロインのアリスを演じていましたけど、今回の映像はドラマが終わった後に撮影したんですか?

はい! グリーンバックを見た時は懐かしかったです。「あっ、私、飛ばされるんだな」って思いましたけど(笑)。

シーンを想像しながらの演技は「絶狼」で鍛えられたので、その経験を生かすことができたかなと思っています。

――自分なりの演技プランはありましたか?

絵コンテがあって、最初にお手本を見せていただいたのでとても参考になりました。私は、まだギリギリ高校生(18歳)なので(笑)、役作りは特にしなかったです。学校にいる時や友達と遊んでいる時の私のままでいいかなと。自分の素に近い感じですね。

――普段、リスク回避について考えることは?

道を渡る時は必ず横断歩道を見つけて歩くようにしています。手を挙げて自分の存在をアピールすることも忘れません(笑)。

――では、あらためてスペシャルムービーの見どころを。

オールブラックスの皆さんが、東京の至る所で起こる危機から私たちを助けてくれます。

この映像を見たら安全に対する意識が増すと思うので、ぜひチェックしてみてください!

――先ほど「ギリギリ高校生」というワードが飛び出しましたけど(笑)、現在高校3年生ですよね。最後の高校生活をどう過ごしたいですか?

とにかく、友達と遊び尽くしたい! ディズニーランドに行こうとか、卒業旅行の行く先を決めたり、その時に着る洋服を探したり…。みんなといろいろなことを計画している時間がすごく楽しいんです。

――友達と何かを決める時に自分の意見を主張するタイプですか?

ものすごく仲がいいグループだったら、結構わがままに行きたいところを主張します(笑)。

――みんなを引っ張っていく感じ?

いえ、リーダーシップを発揮するような性格ではありません。意見がまとまらない時は、誰かに任せてしまうタイプです(笑)。

――芸能界での目標は?

もともと女優をやりたいという気持ちがあったので、お芝居を続けられたらと思います。「絶狼」に参加して、さらにその思いが強くなりました。

――「絶狼」に出演したことが、いい経験になったんですね。

みんなで一つのものを作るというチームワークの大切さを学びました。それと、シーンのつながりの大切さ。どうしても撮影する順番はバラバラになってしまうので、表情や感情の出し方に苦労します。

作品を見た時に「今のカットと、さっきのカットは別の日に撮ったんだな」って思われないように、お芝居のつながりを意識して演じることを心掛けていきたいです。

――日頃からお芝居に関して勉強していることは?

事務所の方から、小説をたくさん読みなさいと言われました。自分だったらこのせりふをどう言うのかを考えながら読むことが大事だと。今は、いろんな本を読んで研究しています。

――自分の中でイメージする理想の女優像は?

映画やドラマを見ている人たちに「これ、青島心ちゃんだよね」って思われてしまう演技じゃなくて、しっかりとそのキャラクターとして見てもらえるようなお芝居をしたいです。私が憧れている戸田恵梨香さんは、作品ごとに全然違う人に見えるところがすごいんですよ。

いつになるかは分からないですけど、作品を見た人から役名で呼ばれるような女優さんになりたいと思います。