「Thinkstock」より

写真拡大

 ゴールデンウィーク明けに顕在化する「5月病」。入社や入学、あるいは転勤や転職などで、4月から新生活を始めた人も多いことだろう。慣れない環境での生活や仕事も1カ月を過ぎ、慣れ始める人がいる一方で、「会社に行きたくない」「なんとなく気分が憂うつ」と心身の不調を訴える人も少なくない。

 また、4月から5月にかけては気候の変動も大きく、“気の病”にかかりやすい時期とされる。なぜ、人は5月病になるのか。

 東京大学付属病院分院神経科勤務、立教大学コミュニティ福祉学部教授などを経て東京・江戸川区の町沢メンタルクリニック院長を務める町沢静夫氏に、話を聞いた。

「厳しい大学入試に合格したり目標の会社に入社したりすることで、自分の目的を達成し、その先に目指すべきものが見えなくなる。そして、覇気がなく、やる気も出なくなり、心も体もからっぽになる。それが5月病であり、軽いうつ症状であるともいえます」(町沢氏)

 少なからず、誰でも経験があるかもしれない。自分の目標を再設定し、新たな目的に向かうことができれば5月病を克服できるが、そのまま症状を悪化させて出社できなくなるというケースもある。これは新入社員に限った話ではなく、異動や昇進などで環境の変化に直面した中高年にもあり得る話だという。そこで、町沢氏はこう提案する。

「人生は自分のペースで生きることが大切であり、基本です。たとえば、仮に“期待の新人”という見方をされていても、最初はスローペースで仕事をこなし、様子を見ながら少しずつジャンプするような生き方にするべきでしょう。4月から周囲の期待に応えようとしてがんばりすぎると、5月病にかかりやすくなります」(同)

 最初のうちはバリバリと仕事をこなし、周囲からも「あいつはできる」と思われていたものの、いつの間にか会社から消えていた……というケースも多いのではないだろうか。

 また、「精神的につらくなった」「軽いうつになった」などの理由で一時的に療養し、そのまま退社するケースも多い。スローペースで仕事をこなすなど張り切りすぎないこと、上司は新入社員に過度な期待をかけないこと、などの心構えが必要だろう。

●「5月病だ」と自覚したら、まずすべきこと

 しかしながら、特に会社員で5月病に苦しむ人は後を絶たない。「会社に行きたくない」「やる気が出ない」などの症状が出たり軽いうつ状態になったりした場合、どうすべきなのだろうか。

「人と話をすることが重要です。たとえば、学生時代の気の置けない友達と雑談して、そのなかで会社に対する不平不満をこぼすだけでも、だいぶ違います。ただ、昔は家族、友人、地域の結びつきが強かったので、それによって助けられることも多かったですが、 近年は核家族化が進み、人と人の関わり合いや心と心の触れ合いが少なくなっています。

 周囲と比較して競争したがる時代環境のなか、メンタルケアの必要性はますます高まっています。私どもは、医者と患者さんの垣根を取っ払い、人間同士として患者さんのお悩みに耳を傾けます。また、話を聞くだけではなく、薬を処方することによって症状を改善させることに力を注いでいます」(同)

 以前、筆者が労働問題に詳しい弁護士の方に話を聞いたところ、うつの症状が出たりつらい思いをしたりした場合、すぐに専門医院に通院して休暇を取得すべき、ということであった。

 町沢メンタルクリニックに通院する患者さんは学生よりも社会人が多く、悩みの多くは上司との人間関係や過剰なノルマに関するものだという。また、近年メンタルクリニックが増えているのは、体だけではなく心の病で悩んでいる人が多いからだろう。5月病の自覚症状がある場合は、まずは身近な友達と話すか近隣のメンタルクリニックに通院することが改善の近道となりそうだ。

●3割以上がパワハラ経験、「限界です」言う勇気

 町沢メンタルクリニックの患者さんからは、5月に限らず「会社に行きたくない」「職場が変わって不安」「上司が怒ってばかりで、人間関係で悩んでいる」といった相談が多いという。

「5月病になってしまった人もそうですが、さまざまな悩みの渦中にいる人は、疲労が蓄積していることを自覚すべきです。自分では意識していないかもしれませんが、相談する時点でかなりお疲れになっているのです。周囲の協力も必要ですが、まずは自分がその疲労を軽くする努力をすることが大切です。

 そのためには、自分をコントロールして体調を管理して生きていくことが大切です。自分の能力には限界があるので、完璧を求めるのはやめましょう。『汝自身を知れ』という言葉もありますが、自分で自分をコントロールして生きていくことで、心の病から解放されることが多いです」(同)

 しかしながら、日本の会社は上司から部下に一方的に圧力がかけられることが多い。また、職場によっては独特の“空気”が支配しており、自分だけマイペースで仕事を進めるのは難しいという側面もあるだろう。そして、成果を挙げたりノルマを達成したりできなければ、さらに厳しい圧力をかけられたり、最悪の場合は退社を余儀なくされることすらあるのが現実だ。

「たとえば、上司からの注文が常にきつい場合は、一度上司としっかり話し合う必要があります。個々の能力には限界があるのですから、限界であれば『限界です』と言う勇気が大切です。また、上司のほうも、それを理解しなければ次々と部下が潰れ、そのうち部下がいなくなるということを理解すべきです」(同)

 町沢氏の話を総合すると、メンタルを病まずに仕事で成果を挙げるには、まずは疲労を蓄積しないことが肝要だ。そして、疲労や精神的な重圧が限界に達してしまう前に、ギアチェンジしてスローペースで働くようにする。一方、上司の側からすれば、部下に軍隊方式のような働き方を強いていては、一時的には会社の成果は上がるかもしれないが、最終的には部下がどんどん潰れていくことになり、会社の生産性が下がってしまうということだ。

『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』(PHP研究所/松崎一葉)という本がベストセラーになったが、部下のミスを執拗に責めたり暴言を吐いたりして、うつや休職、退職に追い込むタイプの上司が多いことも問題だ。

 厚生労働省が企業で働く男女1万人を対象に「パワーハラスメント」について調査した結果では、「過去3年間にパワハラを受けたことがある」と答えた人はおよそ3人に1人にあたる32.5%に上っている。しかも、新入社員はパワハラの対象になりやすい。

 貴重な社員を潰さないためには仕事のバランスやメンタルケアを見直すことが大切であり、上司のほうもそうした事情を理解しない限り、5月病やうつによる離職がなくなることはないだろう。そして、社員がどんどん潰れてしまえば最終的には会社が回らなくなる事態に陥るということを、会社自身が十分に自覚する必要があるだろう。
(文=長井雄一朗/ライター)