京王電鉄は8日、新しいカテゴリーの宿泊特化型アッパーミドルホテル「京王プレリアホテル」の1号店を京都に2018年秋、2号店を札幌に19年夏に開業すると発表した。

 同社が展開するシティホテルの「京王プラザホテル」、ビジネス利用などをターゲットにした「京王プレッソイン」に続く新しいカテゴリーホテル。日本人の観光・レジャーの利用客をメインターゲットとしながら、増加する訪日外国人幅広いニーズに応えるとしている。

 広がりのある客室インテリアに加え、外国人観光客を想定した情報提供などのサービス機能の充実、クオリティの高い朝食を提供するレストランのほか、大浴場を立地に応じて設けるのが特徴。客室規模は約300室。