【詳細】他の写真はこちら

マウスのポインターをでっかくすれば高解像度ディスプレイでも見やすい



ディスプレイの解像度はどんどん上がり、ノートPCではフルHDは当たり前で、4Kも珍しくなくなってきました。こうなったときに困るのが、アイコンや文字サイズが小さくて見づらくなってしまうことです。とはいえこれは、「設定」の「システム」にある「ディスプレイ」で、「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の値を100%から大きくしてやることで解決できます。

この拡大表示で解決できないのが、マウスのポインター。文字は大きく読みやすくなってもポインターのサイズはそのままなので、見失いがちになってしまいます。どうせならこのポインターも大きくして、見やすくしたいですよね。

マウスのポインターを変更するには、「設定」の「個人用設定」を開き、「テーマ」をクリック。すると「マウスポインターの設定」という項目がありますので、こちらをクリックします。あとは好みのデザインを選ぶだけです。おすすめは、「Windows標準(特大のフォント)(システム設定)」。これなら標準をそのまま大きくしたようなデザインなので、今までと違和感なく利用できます。



▲「設定」から「個人用設定」を開き、「テーマ」を選択。関連設定にある「マウスポインターの設定」をクリックします。



▲「デザイン」で好みのものを選べば、マウスのポインターを変更できます。大きくしたいのであれば、「(特大のフォント)」を選ぶといいでしょう。もちろん、自分の好みで個別にポインターのデザインをカスタマイズすることもできます。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ