「チケトレ」

写真拡大

 一般社団法人日本音楽制作者連盟、一般社団法人日本音楽事業者協会、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体が、利用者間でイベントチケットを2次売買できる公式チケットトレードリセール「チケトレ」(http://tiketore.com/)を本日5月10日昼12時よりプレオープンする。

(関連:“転売ヤー”取り締まりはなぜ難しい? ネット上のチケット高額転売の法的論点を弁護士に訊く

 4団体は昨夏、賛同アーティスト・フェス・イベントとの連名で、高額転売防止を訴える共同声明を発表し、「転売NO」キャンペーンサイト(http://www.tenbai-no.jp)を開設した。

 今回4団体は、チケットの高額転売問題に向き合い、ユーザーから最も意見が多かった“本当に行けなくなった時の救済措置を作って欲しい”というニーズを早急に解決するために「チケトレ」を開設したとのこと。同サービスはチケット販売大手のぴあ株式会社が運営会社となっている。定額取引限定で紙チケットのみの取り扱いとなり、代金のやり取りはトラブル防止のためチケトレ事務局が仲介する。また偽造チケットなどで公演に入場できなかった場合は、購入者にチケット代金+取引に関わる手数料を全額返金するという。なお、同サービスの正式オープンは6月1日昼12時を予定している。(リアルサウンド編集部)