『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題/『THOR/RAGNAROK』) ©Marvel Studios 2017

写真拡大

「マイティ・ソー」シリーズの第3弾、原題『THOR/RAGNAROK』の邦題が、『マイティ・ソー バトルロイヤル』に決定。

【動画】ムジョルニアが木っ端微塵!!『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版ティザー予告

公開日は全米と同じ2017年11月3日(金・祝)。

日本版ティザー予告動画とポスターも公開されました。

アベンジャーズ最強! なぜなら神だから

ソーと言えば、アベンジャーズ最強のひとりとして数えられるケースの多いキャラクター。

なぜなら、“THOR” とはトール、つまり北欧神話の雷神です。

基本、地球人を中心に構成されるアベンジャーズの中で、最強に数えられるのも、当然と言えば当然。

なにせ神なのだから!

ハルクとの最強対決も!?

一方、アベンジャーズの中で、地球人最強と目されるのが、インクレディブル・ハルク。

緑の肌と、巨体を持つ怪人は、驚異的な筋力と耐久力が持ち味。

怪人の状態のときは、常に激怒しており、SHIELDや、ブラック・ウィドゥも本気で怖がるほどで、手を付けられません。

今回、公開された日本版ティザー予告では、なんとハルクとソーが闘技場で対決するシーンが。

どっちが強い!?

ハルクとソーは、映画『アベンジャーズ』の中でも殴り合っている、喧嘩仲間。

行方が気になります。

最強の敵はケイト・ブランシェット/ヘラ

とはいえ、ソーが最強の一角なのは、雷神の鎚、ムジョルニアがあるから。

ムジョルニアは、高潔な人物でなければ、どんな怪力を持ってしても持ち上げられないと言われ(ハルクでも無理でした)、飛行能力や、落雷を引き起こす能力を持つ、文字通りの最強の武器です。

ところが、日本版ティザー予告では、この神の武器ムジョルニアが、ヘラによって軽々と掴まれ、あげく粉砕されてしまう衝撃シーンが!

『マイティ・ソー バトルロイヤル』で登場する、今のところ(まだ戦っていないサノスや、ストレンジの魔法で戦うのを諦めたドルマムゥを除けば)マーベル・シネマティック・ユニバース最強のヴィランは、ケイト・ブランシェット演じるヘラ!

ヘラと言えば、ギリシア神話ではゼウスの妻であり、最高位の女神です。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』での能力は明らかになっていませんが、チートレベルの最強の敵であるのは、間違いないでしょう。

ソーたちがプライドを捨てて戦う “バトルロイヤル”

原題が「ラグナロク(終末、の意)」なのに、邦題はなぜ「バトルロイヤル」なのか。

「バトルロイヤル」とは、ご存知のとおり、集団で入り乱れて戦い、最後に残ったものを勝者とする決闘方法の名称。

世界を終わりへ導く最強の敵と対峙したソーとソーを取り巻く登場人物たちが、敵味方関係なく、プライドを捨てて共に戦う様が描かれていることから、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の名になったとのこと。

2018年に公開を控える、「アベンジャーズ」シリーズ最新作『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー(原題)』へ向けても重要な役割を果たすと言われる、『マイティ・ソー バトルロイヤル』。

公開がマジで楽しみです!!