フライブルクが生え抜きの24歳GKシュウォローと契約延長

写真拡大

▽フライブルクは9日、ドイツ人GKアレクサンダー・シュウォロー(24)と契約延長したことを発表した。契約の詳細は明かされていない。

▽下部組織出身のシュウォローは、2014年5月にトップチームデビュー。ビーレフェルトへのレンタル移籍を経て、2015年夏にフライブルクに復帰し、ドルトムントへ移籍したスイス代表GKロマン・ビュルキの後釜として正GKの座に就いていた。

▽今季は不動の守護神としてリーグ戦32試合にフル出場中で、昇格組ながら5位と健闘しているチームを最後尾で支えている。

▽シュウォローは契約延長について公式サイトにて以下のように語っている。

「フラウブルクではここ数年間とても居心地よく過ごしているし、共に成功を収めたいと思っているんだ。今回の契約延長は気持ちの部分で決断したところもあるよ」