3月7日から4月30日まで、日本の一般財団法人・民主音楽協会の招きで中国人民対外友好協会が派遣した中国国家京劇院のメンバー60人が、日本の28都市で、52公演を行った。

写真拡大

今年、日中国交正常化45周年を記念して、春うららかな桜の季節である3月7日から4月30日まで、日本の一般財団法人・民主音楽協会の招きで中国人民対外友好協会が派遣した中国国家京劇院のメンバー60人が、演目「金銭豹(きんせんひょう)」、「太真外伝(たいしんがいでん)」、「鎖麟嚢(さりんのう)」を携えて日本の28都市で、52公演を行った。数千キロの移動を伴った全国公演は、観客延べ10万人を動員した。中国文化報が伝えた。

【その他の写真】

この全国公演では、京劇の演目で表現される中国伝統の素晴らしい価値観が日本国民と中国の距離を縮めた。中国国家京劇院の俳優たちの厳かな雰囲気や卓越した演技、真心が観客と日本の同業者を魅了した。日本の観客は終演時に鳴りやまぬ拍手や多数のコメント、手紙、プレゼントなどを通して、ハイレベルな演目に対する感服と出演者に対する感謝の意を表した。

公演の合間に、京劇俳優たちは2度の親睦会に参加し、日本の大学生や小学生ら数百人と交流。さらに、中高生のためにチャリティー公演も開催し、日本の青少年と触れ合うことで相互理解を深めた。

●心のこもった演技で日本人の心を打つ
「字幕があるので、演目中の喜怒哀楽を感じることができ、中国国家京劇院の実力に魅了された」、「夫が中国に行ったことがあり、『京劇はとてもおもしろい』と言っていた。夫は昨年亡くなり、今回私はチケットを2枚買い、夫の遺影を一つの席に置いて、京劇を鑑賞した。本当に味わいがあった」……。

これらは、日本の各会場に置かれたメッセージ帳に残された観客の言葉で、中国国家京劇院の日本公演が好評を博したことを示している。新潟公演を鑑賞した安川一成さんは、「字幕があったので何の障害もなかった。『西遊記』の物語は誰でも知っており、とても親しみがある。『鎖麟嚢』は、善を行い、恩に報いることの大切さを教えてくれている。日本にも他の人に善を行い、犠牲を払うという伝統がある」と話すと、大阪公演を鑑賞した池田清孝さんと圭子さん夫妻は、「前のほうの席を予約したので、俳優たちの細かな表情をはっきりと見ることができた。また、華やかな頭飾りや衣装、たくさんの意味が込められた動き、節と一体となった伴奏などに感動した」と話した。また、神戸公演を鑑賞した浜田倫子さんは折り紙で作った60個の人形を、九州公演を鑑賞した石川高信さんはコーヒー60箱を差し入れした。その他、茶器や日本酒、果物など、心のこもった差し入れが俳優たちのもとに届けられた。
 
国家京劇院と創価学会所属の社団との親睦会で、小学生たちがさわやかな合唱を披露し、京劇俳優たちに対する歓迎の意を表した。一方、俳優たちが京劇における隈取・臉譜(れんぷ)のメイクを小学生の顔に施したり、京劇の衣装を着せたり、孫悟空のユーモラスなアクションを披露したりすると、小学生たちは大喜びで、触れ合いを楽しんだ。在日本中国大使館の程永華大使は、東京公演終了後の挨拶の中で、「今回の京劇公演で、多くの日本人の中華文化、中国人に対する理解が深まり、中日民間交流が促進された」とその成果を強調した。

●中国の物語が共感呼ぶ
一人でも多くの日本人に中国の京劇の魅力を全体的に知ってもらおうと、国家京劇院は日本人も理解しやすい演目として、歌とアクションがバランスよく取り入れられたものを選択した。栃木県宇都宮に住む北村克弘さんは、「『鎖麟嚢』を見て6年前の東日本大震災を思い出した。私の実家は被災地にあり、演目を見て、地震で家族が離れ離れになったり、いろいろ助けてもらったことなど、いろんな記憶がよみがえった」と話すなど、感謝を示すことなどをテーマにした「鎖麟嚢」に対して、多くの人が共感を示した。

●過密日程もプロ根性で乗り越える
55日間で52公演を行い、俳優たちは千キロ以上を移動。共に励まし合って疲労を克服し、あきらめない精神と規則正しさで、中国国家芸術院の実力を披露した。1日に2公演行うことも多く、俳優たちはメイクを落とす暇もなく、ソファーや道具箱の上で一休みすることもしばしばだったという。それでも、若い俳優たちは、けいこや発声練習も欠かさなかった。日本各地の人々は、「中国国家京劇院の俳優は、芸も人格も見事なアーティスト」と称賛の声を上げた。

国と国との関係は、国民同士の親善友好に関係しており、民間友好は日中関係の重要な基礎。今回の国家京劇院の日本公演は、中華伝統文化の代表として京劇アートを日本で大々的に披露し、日本人の間で好評を博した。そして、日中民間友好のはっきりとした印となった。(提供/人民網日本語版・編集KN)