5月14日は母の日です。世界各国で母の日を定めた日付は異なりますが、アメリカや日本などは5月の第2日曜日を母の日としています。
 
Appleは今年の母の日に、Apple Watchユーザー向けのアクティビティチャレンジを実施するようです。

アメリカのApple Watchユーザーのみ参加可能

毎年Appleは、母の日にあわせてiPhoneで撮影した映像を使ったテレビCMを制作しています。昨年は母の日テーマのCMを公開したほか、このCMに写真を追加してオリジナル仕様にできるサービスも提供していました。
 
今年は4月、母の日のギフト選びの参考になる母の日特設ページをオープン。そして、Apple Watchユーザー向けのアクティビティチャレンジも実施することがわかりました。
 
9to5macなどによると、現時点でアクティビティチャレンジの詳細は確認できませんが、iOSコードからチャレンジの存在が判明しました。チャレンジ内容は、母の日当日の5月14日に、1マイル(約1.6km)のトレーニングを完了するとクリアです。達成すると、バラのメダルとiMessageで利用できるステッカーがもらえるとのことです。
 

 
今回の母の日チャレンジに参加できるのはアメリカ国内のApple Watchユーザーのみで、残念ながら日本からは参加できないようです。これは昨年11月に実施されたサンクスギビングデイチャレンジと同じですね。
 
これまでに日本から参加できたアクティビティチャレンジは、お正月に実施された「謹賀新年チャレンジ」、先月のアースデイに合わせて実施された「アースデイチャレンジ」がありました。
 
 
Source:9to5mac
(asm)