6日、広州地下鉄6号線の区庄駅で高齢女性が列車とホームの間に挟まる事故が起きたが、居合わせた乗客らの協力によって無事救助された。

写真拡大

2017年5月6日、広州地下鉄6号線の区庄駅で高齢女性が列車とホームの間に挟まる事故が起きたが、居合わせた乗客らの協力によって無事救助された。

【その他の写真】

同日午後、70代の女性が同駅で下車しようとした際、足を踏み外して列車とホームの隙間に右足が挟まった。すると、男性の乗客らが集まり、一列になって「1、2、3…」の掛け声とともに車体を押し始めた。その他の乗客はホームに降りたり、列車の反対側に集まるなどして、車体を傾けやすいようにサポート。乗客らの協力の甲斐あって、5分後には女性は無事救助されたという。

中国のネット上では、救助の様子を撮影した動画が出回っており、ネットユーザーからは「これは素晴らしい」「大勢が集まれば大きな力が出せる。みんなよくやった!」「温かい。こんな温かい社会が大好き」といった称賛の声のほか、「中国でこんなことが起きるとは!すごい!」「やっぱり中国人も団結する時はするんだなあ」といったコメントも寄せられた。

中国では倒れた人を助け起こすと犯人扱いされ、金銭を要求される事件が相次いだことから、「倒れた人も助けられない薄情な社会」とも指摘されていたが、今回のようにリスクがない状況ではやはり多くの人が助けに動くようだ。(翻訳・編集/北田)