国会を訪れた安氏=9日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】9日に投開票された韓国大統領選で、中道系の「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補は同日夜、国会で記者会見を開き、「国民の選択を謙虚に受け止める」と述べて事実上、敗北を宣言した。

 安氏は「変化の熱望に応えるには足りないところがたくさんあった」と表明。「新しい大統領と共に未来へ進んでいくことを望む」と述べた。
 その上で、「韓国の変化と未来のためさらに努力する」と重ねて強調した。
kimchiboxs@yna.co.kr