党本部を訪れた洪氏=9日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】9日に投開票された韓国大統領選で、朴槿恵(パク・クネ)政権で与党だった「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補は同日夜、党本部で記者会見を開き、「開票が終わらないと分からないが、出口調査の結果が事実であれば党を立て直せたことに満足する」と述べて事実上、敗北を宣言した。地上波3社(KBS、MBC、SBS)の合同出口調査によると、進歩(革新)系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補が41.4%でトップとなり、洪氏は23.3%の2位だった。

 洪氏は「選挙結果を受け入れ、党を立て直せたことに満足する」とあらためて表明。言葉を詰まらせる場面もあった。
kimchiboxs@yna.co.kr