写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●日本人のために改良されたドライヤー
昨年(2016年)に発売されたDyson Supersonicは、羽根のない扇風機でおなじみの「Dyson Air Multiplier」の技術を応用したヘアドライヤー。一般的なドライヤーはヘッド部分にモーターや羽などのパーツを格納するが、Dyson Supersonicはハンドル部分にこれらの部品を収めている。このため、重心が手元にあり、長く使用しても疲れにくいという特徴を持つ。ヘッドは筒型形状で中心が空洞になっているため、ロングヘアでも髪を巻き込みにくい。

さらに、最大の特徴がAir Multiprierの「風を巻き込む」技術により、風量を3倍までに増幅できること。Dyson Supersonicはモーターにハンドルに格納できるほどのコンパクトな「ダイソンデジタルモーターV9(DDM V9)」を採用しながら、驚くほどの大風量を実現している。

○日本人のために改良されたドライヤー

今回の新モデル発表会には、ダイソンの研究デザイン開発 パーソナルケア グローバル カテゴリー ディレクターでもあるトム・クロフォード氏が登壇。新モデルが「日本人向け」に改良されていることをアピールした。クロフォード氏は「日本人は髪のインナーとアウターの美しさ、どちらも重要視する」とコメント。さらに、インナーとは髪の健康、アウターはスタイリングの美しさだと解説した。

クロフォード氏は、髪の健康において特に問題となるのが「濡れたまま放置すること」だとも。髪は中心となる「コルテックス」と、表面を覆う「キューティクル」という大きく2層で構成されている。

キューティクルはウロコ状に髪をコーティングしているが、濡れている間はウロコが開くため、髪の中心に水がしみ込みやすい。この状態でキューティクルが閉じると、髪内部で蒸発した水分の出口がなくなる。このため、出口のなくなった水分が髪の内部に「穴」を開けてダメージを与えるそうだ。クロフォード氏は、このようなダメージを与えないために重要なのが、シャンプー後に髪の根元までしっかりと乾かすことだとした。

一般的なドライヤーは風圧が弱いため、髪の表面だけを乾燥させることが多い。しかし、Dyson Supersonicは風圧で髪を「かき分ける」ように乾燥。根元までしっかりと乾かす。また、本体に内蔵された温度センサーが1秒間に20回温度を測定し、髪が加熱しすぎないように風の温度を制御する。

●新モデルの改良点は大きく2つ
○髪のうねりを解消しながら健康も守る

新モデルの改良点は大きく2つある。

ひとつは「送風温度の引き上げ」だ。クロフォード氏によると、髪は高い温度帯でダメージを受ける。反面、髪のうねりやクセを伸ばすようなスタイリングには、高い温度が必要。そこで新しいDyson Supersonicは、従来モデルでは78℃だった最高温度を、100℃まで引き上げた(最小風量時)。「熱によるダメージは150℃から顕著になるため、100℃という風は髪のスタイリング性と健康を両立する最適な温度帯」(クロフォード氏)。

○最小風量のパワーをあえて低く設定

もうひとつの改良は「最小風量」時のパワーだ。女性の場合、顔周りにレイヤーが入ることが多く、風が強いとスタイリングが難しい。そこで新モデルは、風量「1」または「2」に設定した場合、従来モデルよりも弱い風に調整した。ただし、最大風量の「3」は従来通りの風量を維持しているため、「大風量で素早く髪の根元まで乾かしたい」というニーズにも応えている。

●人気スタイリストによる実演も
発表会の後半では、人気ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロ氏が登場。新モデルのDyson Supersonicを使用し、歌手・女優・ドラマーとしても人気のシシド・カフカ氏の髪をスタイリングした。

小田切氏は「普通のドライヤーだと、髪の毛をかき分けて風を当てる必要がありますが、Dyson Supersonicは風量があるので、風の力で髪の奥まで乾かすことができて便利」とコメント。さらに、新モデルの高温・弱風量設定は、ストレートヘアの仕上げに使うとツヤが出て美しく仕上がると語った。

また、自身もDyson Supersonicを愛用しているというシシド・カフカ氏は、「熱風が直接手に当たっても、普通のドライヤーのように熱くならない」とコメント。緩くウェーブした髪で登場したシシド・カフカ氏だが、小田切氏の手とDyson Supersonicによって、あっという間にストレートヘア。

「普段はヘアアイロンなどでストレートにしているので、髪のダメージが心配だった。ドライヤーでここまでストレートになるのは嬉しい」(シシド・カフカ氏)。トレードマークともいえるストレートヘアで「Dyson Supersonicでぜひ皆さんカフカヘアになっていただきたい」と語った。

○新色2色が新しく登場

新モデルとともに、新しいカラーバリエーションも登場した。ひとつは家電量販店やダイソン直営店・公式オンラインストアなどで購入できる「アイアン/ブルー」。もうひとつは、百貨店あるいはダイソン直営店・公式オンラインストアで購入可能な「インペリアルパープル」だ。

(倉本春)