【詳細】他の写真はこちら

ネーミングに反して、「アウトロー」感はあまりないかも。

カリフォルニア州に本拠地を置くビンテージ・エレクトリックは、なんとも美しい電動自転車『Outlaw Tracker』を公式サイトにて販売しています。クラシックレーサーのような外観デザインで、サスペンションやヘッドライトを装備し、車道でも快適に走れるように設計されているのが特徴。価格は6995ドル(約79万円)となっています。

美しいデザインと高い走行性能





いわゆる電動自転車ながら、通常モードで時速32kmほど、レースモードなら最高時速58km程度での走行が可能で、最大走行距離も約56kmとなかなか悪くなさそうなスペック。そしてディープシルバー・メタリック色に塗装されたフレームが放つのは、まるでレトロカーのような美しい輝き。乗っていたら思わず自慢したくなるであろうクオリティに仕上がっています。



安心して乗り出せる車体装備







車両前部にはメッシュカバーをかぶせたLEDライトを搭載。また車体後部にもテール・ライトを装備しています。そしてトラッカー風の握りやすいハンドルバーの下に伸びるのは、見た目にもしっかりした倒立フロントフォーク。幅広のファットタイヤと組み合わせることで、安定した走行が楽しめそうです。

ブレーキには信頼のシマノ製油圧ディスクブレーキを採用。またリチウムイオンバッテリーを内蔵するアルミ製のケースは放熱性が高められており、安定したパフォーマンスが発揮できます。ちなみにバッテリーの再充電はわずか2時間で完了するとのこと。

ナンバーを取得してでも乗りたい?





このようにデザインから車体装備、さらに走行性能まで文句なしな『Outlaw Tracker』。もちろん日本で乗り出す場合には、ナンバーの取得をはじめ多くの手続きが必要になるはず。このまま乗りまわしたら悪い意味で本物の「アウトロー」になっちゃいますよ。



文/塚本直樹

関連サイト



『Outlaw Tracker』公式ページ

関連記事



重力を味方につけろ! 都市型ダウンヒル電チャリのコンセプトデザイン

70万円以上の車体も!高品質なプレミアム電動自転車に注目

電動自転車がこんなにマッチョに! 極太タイヤは男のロマンだ