父への思いを綴る個展「蜷川実花 うつくしい日々」写真展

写真拡大 (全6枚)

いつも一緒にいるとなかなか気づきにくいけれど、失った時に初めてわかる、ありがたさや存在の大切さ。そんな思いを顕著に感じるのは「家族」かもしれません。
5月10日(水)〜5月19日(金)まで、蜷川実花が亡き父・幸雄氏への思いを写真で綴る展覧会「蜷川実花 うつくしい日々」が、東京・原美術館にて開催されます。
逝く人の目線を感じる穏やかな空気感
国内外で活躍する写真家として有名な蜷川は、2016年5月に父である幸雄氏を亡くしました。演劇界で活躍した幸雄氏は「世界のニナガワ」と称され、『身毒丸』『海辺のカフカ』『NINAGAWA・マクベス』『ハムレット』など、シェイクスピアから現代劇まで、数々の作品を手がけた名演出家として名を馳せました。本展では、父の死に向き合うように撮影された約60点の写真が展示されています。
©mika ninagawa, Courtesy of TomioKoyama Gallery
©mika ninagawa, Courtesy of TomioKoyama Gallery
「花」シリーズに代表されるように、蜷川の目を通して写し出されたものたちは、色鮮やかな表現が特徴。ですが、今回の展覧会では「どうしてこんな写真が撮れたのかわからない」と蜷川自身が語るほど、これまでの「蜷川実花作品」とは違う趣を見せています。
©mika ninagawa, Courtesy of TomioKoyama Gallery
光に照らされて淡く浮き上がったように写る花、幸雄氏が幾度となく目にしてきたはずの舞台から見た客席、それらはすべて、蜷川曰く「逝く人の目で撮った写真」であり、生と死に向き合う父と娘の「うつくしい日々」を描いています。
©mika ninagawa, Courtesy of TomioKoyama Gallery
実はこれらの写真が撮影されたのは、昨年の春。本展が開催される時期に逝った父への思いが、娘のファインダーを通して垣間見えるはず。
©mika ninagawa, Courtesy of TomioKoyama Gallery
この個展を通して「家族」への思いを馳せ、「いま生きていること」について改めて考えてみたくなりました。

[蜷川実花 うつくしい日々]
会場:原美術館〒140-0001東京都品川区北品川4-7-25会期:2017年5月10日(水)〜5月19日(金) ※会期中無休開館時間:11:00〜17:00 ※水曜は20:00まで、入館は閉館時刻の30分前まで