米軍の高高度防衛ミサイルの韓国配備の影響で、中国人観光客が激減し、回復の兆しがいまだに見えない韓国の観光業。その一方で、その「恩恵」を受けているのが日本の観光業だ。

写真拡大

米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備の影響で、中国人観光客が激減し、回復の兆しがいまだに見えない韓国の観光業。その一方で、その「恩恵」を受けているのが日本の観光業だ。今年、ひいては2018年も、日本を訪問する中国人観光客が大幅に増加する可能性がある。国際商報が伝えた。

この動向は、4月26日にクルーズ運航会社のロイヤル・カリビアンが発表した中国市場の新商品や18-19年の戦略からも明らかだ。同社の北アジア太平洋地域・中国エリアの劉総裁によると、18年、短期コースは日本・韓国のみという制限をなくして7-8泊の便を開設し、新たな寄港先として大阪、神戸、京都、下関、佐世保、名古屋、横浜、マニラ、ボラカイ島の9カ所が加わった。

新たな寄港先のうち、7カ所が日本で、これまでもあった沖縄や福岡、熊本、広島、長崎、宮崎を加えると、ロイヤル・カリビアンのクルーズ船が寄港する日本の港は10カ所を超える。

「新しい寄港先を加えることで、旅客にアジア伝統の特徴を味わいながら、全く新しい旅行先でさまざまな文化と風情を楽しんでもらうのが狙い」と劉総裁。

例えば、日本の首都である東京は国際的な大都市で、オシャレで繁栄しているものの、歴史ある伝統も残っており、その鮮明なコントラストは旅客にとってそこでしか味わえない異国の体験となる。一方、数千年の歴史を誇る京都の街をゆっくりと歩くと、美しい山の景色と一体化している数々の神社や仏閣を見ることができる。その日本庭園には金魚が泳ぐ池や桜があり、昔の日本にタイムスリップしたような気分を味わうことができる。寄港先が増えたことで、観光コースもさらにバラエティに富むことになる。広島を例にすると、クアンタム・オブ・ザ・シーズに乗って広島に行く旅客は、第二次世界大戦の空襲で唯一被害を受けなかった厳島神社などの世界遺産の旅コースや、桜を鑑賞したり、日本三名橋に数えられている錦帯橋を見学したり、日本伝統の茶道を体験したりするコースを選ぶことができる。

15年3月、日本は指定のクルーズ船の乗客に対してビザ免除措置を取る新政策を打ち出し、多くの中国人観光客がクルーズ船で訪日するようになった。統計によると、16年、訪日中国人観光客の数は延べ600万人を超え、うちクルーズ船でやって来た客が20%以上を占めた。現在、日本に向かうクルーズを運航する主要会社の一つであるロイヤル・カリビアンは今年と来年日本に重点を置くとしており、中国の日本旅行ブームに一層拍車がかかるのは間違いない。

特筆すべき点は、ここに韓国の寄港先が全く出てこないことだ。ヨーロッパ最大手のクルーズ会社であるコスタクルーズが最近発表した今年下半期の計画にも韓国の寄港先はなかった。これは、韓国の中国人観光客が激減しているという現状の縮図とも言えるだろう。韓国の観光当局が発表している統計によると、今年のメーデー3連休中、韓国の済州(チェジュ)島を訪問した中国人観光客の数は昨年の2万8000人から82%減の4960人に激減した。

この現状について、業界関係者は、「THAAD配備が判明して以降、韓国を訪問する中国人観光客は激減した。中国国内の多くの旅行社は韓国旅行の商品の販売を中止した。ロイヤル・カリビアンを含む日本や韓国に向かうクルーズ船を運航している会社も韓国を避けてコースや商品の調整を行っている」と指摘している。これにより、クルーズ船市場の勢力図にも変化が生じている。韓国の人気低下により、日本が一番人気の旅行目的地となっている。また、フィリピンやベトナムなどを含む東南アジア諸国も新たな商機を迎えている。その他、クルーズ船会社は中国市場の開拓や商品、サービスのグレードアップの足並みを加速させている。