@AUTOCAR

写真拡大

車幅拡大? 次世代型イヴォーク

2018年中にデビューするという噂の次期レンジローバー・イヴォーク。

今回、トレッドを拡大したテスト車両を撮影することに成功した。シャシー後部も新しいコンポーネントのようである。

これは、ボディサイズを大きくしようと、新プラットフォームのテストをしているのだろう。目的はもちろん、キャビンスペースの拡大である。

ホイールベースは不変ながら、リアのトレーリングアームは完全な新設計のように見えるのも興味深い。
 

ココにも注目 給油口のキャップ

第2世代のイヴォークは、ジャガー・ランドローバーの最新インジニウム・エンジンに(ガソリン/ディーゼルいずれにも)対応するプラットフォームを採用する。

今回撮影されたテスト車両の保険情報を探ってみると、2.0ℓガソリン・ターボを搭載していることが分かった。これは、現行イヴォークの4気筒ユニットなのか、次世代型パワートレインなのか判断はつかない。しかし、現行型と異なる給油口のキャップを見る限り、われわれは新世代ユニットを搭載していると予測する。