写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●高性能なネットワーク機器を個人へ、中小企業へ
○高性能なネットワーク機器を個人へ、中小企業へ

ネットギアジャパンは5月9日、家庭向けのネットワーク機器として、充電式Wi-Fiネットワークカメラ「Arlo Pro」、IEEE802.11ad対応Wi-Fiルータ「Nighthawk X10 R9000」、IEEE802.11ac wave2対応Wi-Fi中継機「Nighthawk X4 EX7300」、以上の3製品を発表した。

発表会も開催され、2012年から再参入した個人向け製品の拡充を表明。今回発表した製品以外にも、今年度中に投入予定の製品について展示・説明が行われた。ここでは発表会の内容をお伝えする。新製品の概要は別記事を参照いただきたい。

●北米での確固たる地位を武器に世界へ
まずは米国本社のCEO、パトリック・ロー氏が登壇。NETGEARは創業から21年が経過するが、世界中をインターネットに接続するというミッションは変わらない。そのためにイノベーションを維持しつつ、ブランド価値を高めて流通させるという戦略を取っている。

家庭用ネットワーク機器においては、プレミアムな製品としてNighthawkというブランド名を使用。4年前からマルチストリーム、マルチバンドを採用するなど、先進的な機能を盛り込んでおり、特にトライバンドに関しては現在もパイオニア的な存在だとした。

従来、NETGEARのトライバンドは2.4GHz/5GHz/5GHzという構成であったが、新発表されたNighthawk X10 R9000は2.4GHz/5GHz/60GHzと、日本市場における初の802.11ad対応製品だとアピール。Nighthawkのブランドはルータだけでなく、エクステンダー、スイッチ、LTEモバイルルータを複数のカテゴリで展開しており、プレミアムWi-Fi製品としての地位を確立しているという。

特にLTEモバイルルータに関しては、本体にLANコネクタも用意しているほか、時速80マイル(128km/h)で移動していても1Gbpsの速度が得られると強調。文字通り、モバイル向けの高機能製品とアピールをした。

家庭用ネットワークカメラのArloは、2年前から市場に参入。すでに162カ国で300万台以上を販売したとのこと。今回、従来製品に対する不満を払しょくする製品としてArlo Proを発表。音声のやり取りが双方向になったほか、バッテリをリチウム電池からリチウムイオン電池へと充電式にすることで、ランニングコストも改善した。さらに、動作検知がより高精度になり、条件によって大音量のサイレンを鳴らす機能を実装。

また、今後の製品として、防水性を持たせ、LTE通信でワイヤーフリーで動作するArlo Goと、赤ちゃんの見守り用としてArlo Babyが登場する予定だ。

○北米での確固たる地位を武器に世界へ

Wi-Fi製品に関しては、ホームWi-FiシステムのOrbiも紹介。こちらはエリア内で同じSSIDを使用しつつ、ルータとサテライトの協調によって、幅広いエリアで多数のWi-Fi機器があっても安定動作が魅力だという。従来タイプのトライバンド(2.4GHz/5GHz/5GHz)を使用し、ルータとトライバンドの間は専用の5GHz帯を使用しており、他社のメッシュテクノロジー製品との差別化がある。

ビジネス向けとしては、エンタープライズクラスのテクノロジーを中小企業向けに提供しており、業界に先駆けてギガビットのマネージド、Webマネージ製品を投入。さらに10GBの製品もいち早く投入しているという。

高性能製品をすばやく投入することでブランドイメージを高めており、NighthawkとOrbiが担当するプレミアムルータ、Arloが担当するIPカメラは、No.1のシェアを占めているそうだ。コアスイッチに至っては、米国市場の半数以上がNETGEAR製品になっている。このブランド認知度を利用して、世界展開を加速。現在は、売り上げの1/3が北米以外の市場だ。アジアにおけるもっとも重要な市場として、日本市場に注視しているとした。

●ホーム製品に注力
○「次の5年」はホーム製品の販売に注力

続いては、ネットギアジャパンの杉田氏が登壇。杉田氏が着任して以降、安定して大きく業績を伸ばしている。ただ現在、日本市場の売り上げの80%は、ネットワークスイッチを中心としたビジネス向け製品であるという。

2012年からは、日本での家庭向け市場に再参入。2014年にNighthawk、2014年にArlo、2016年にOrbiを発売している。「次の5年」はホーム製品の販売に力を入れたいと、家庭向け市場の拡大を考えているという。

常に最速を求めるNighthawkは、ゲーミング向けとしてeスポーツチームのスポンサードを通じてアピールしていく考えだ。Nighthawk X10 R9000は、IEEE802.11adを搭載し、現時点では最強といえる転送能力を誇る。加えて、Gigabit Ethernetの有線LAN×6ポートや、10GbitのLAN端子も搭載。

レンジエクステンダーのNighthawk X4 EX7300も最速のレンジエクステンダーとして、5月9日から予約を開始。広範囲をカバーするほか、APモードやビームフォーミングにも対応する。Nighthawk M1は最強のモバイルルータとして出荷する予定だ。Orbiは速度よりもエリアの広さを売りにしており、現在はルータ+サテライトというセット販売だ。これに加え、今後はサテライト単体の発売と、ミニタイプの販売を予定している。

こうした個人向け製品の強化によって、ネットギアジャパン全体の売り上げを倍増させる計画だ。

(小林哲雄)