三原舞依(神戸ポートアイランドク)【写真:Getty Images】

写真拡大

成長止まらない17歳が「思ってもなかった」日本新、狭き五輪枠突破へ掲げる課題

 今季、女子フィギュアスケート界で目覚ましい成長を見せた三原舞依(神戸ポートアイランドク)。シーズンのフィナーレを飾る4月の世界国別対抗戦では、フリーで日本歴代最高得点となる146.17点をマークした。3大会ぶりの日本の優勝に大きく貢献した17歳に国際スケート連盟(ISU)も注目。公式サイトでインタビューを敢行し、充実一途となった16-17年シーズンを振り返っている。

 三原は今季、世界選手権に選出され、四大陸選手権で国際大会初優勝。日本人4人目の合計200点超えを果たした。極めつきは世界国別対抗。ショート、フリー、総合ともに自己ベストを更新し、躍進のシーズンを締めくくった。インタビューでは「今季は様々なことに挑戦することができたので、これまでで最も楽しめて、幸せなシーズンでした」と振り返った。

 個人戦とは異なる国別対抗に初出場したことについて「この大会にチーム・ジャパンの一員と出場できて、とても嬉しかったです。氷の上に滑り出すと、チームメイトたちがキスアンドクライから応援してくれているのが見えて、とても力になりました。『あぁ、チームイベントではこんな風に感じるのか』ということを気づかせてくれました」と話し、団体戦の魅力を明かした。

 一方、キスアンドクライでは様々な“仮装”で声援を送った。ほかの選手を応援する気分について問われると「応援するのは楽しかったです。何か面白いアイデアについて考えたり、純粋に彼らの演技を見ていたりしました。とても楽しめました」と語り、刺激を受けた様子だった。

平昌五輪、出場2枠奪取へ「プレゼンテーション磨きたい」…バレエのコース参加も

 自身の演技では優勝をかけ、女子フリーに出場。「ショートプログラムの時は考えすぎることなく、普段通り滑れました。ただ、フリーではチーム・ジャパン最後の滑走で、私の出来が総合結果を左右する状況でした。チームのみんながいい仕事をして1位につけていました。だから、『ミスをしたり、みんなの努力を無駄にはできない』と思い、ナーバスになりました」と話した。

 それでも「素晴らしい演技で146点でしたね」とインタビュアーに言われると「とても驚きました。いつも140点を超えたいと思っていました。ただ、146点も取れるとは思ってもいなかった。本当に嬉しかったです」と心境を吐露した。

 さらに、いい形で大会を終えたことが来季にとんな意味を持つかについては「来季はオリンピックシーズンです。出場枠を争わなければいけません。来季へ向けての第一歩として、シーズン最後の大会で良い滑りができて、とても満足しています」と話した。平昌五輪は女子2枠という狭き門だが、価値あるフリー日本歴代最高得点によって、競争突破に向け、手応えをつかんだようだ。

 そうなると、大事になってくるのは、この夏にどれだけレベルアップできるかだ。「プレゼンテーションを磨きたいので、バレエのコースに参加したり、挑戦していきます。目標は自分のプレゼンテーションを、他のトップスケーターたちと競えるレベルまで向上させることなので、日々の練習から姿勢や表現力に注意を払っていきたいです」と課題を挙げた。

 宮原知子、樋口新葉、本郷理華ら、ライバルとしのぎを削っていくが、成長著しい17歳も注目の一人だ。