SIMフリースマホ「UPQ Phone A01X」の発火事故はバッテリーが原因!

UPQ(アップ・キュー)は9日、昨年発売した同社製スマートフォン(スマホ)「UPQ Phone A01X」のバッテリーが過熱して焼損した事故について消費者庁および経済産業省の指導のもと第三者機関による解析を行った結果、充電時のバッテリーが焼損元であることが確認できたと発表しています。

UPQ Phone A01Xの焼損事故は昨年9月29日に利用者からの連絡で発覚し、10月14日に消費者庁から消費生活用製品の重大製品事故に係る内容として調査が続けられていました。

その後、2017年5月9日現在、計4件(2016年に2件、2017年に2件。うち、重大製品事故2件、非重大製品事故2件)の同様の連絡があり、同日5月9日に消費者庁から公開された重大製品事故を含めた3件の事故についても同じように充電時のバッテリーが原因である可能性が高いとし、原因究明中だとしています。

同社では問題の原因となったバッテリーについて対応準備を進めており、2017年5月下旬をめどに案内予定で、それらの案内に先立って5月9日より「UPQ Phoneご購入者様専用電話窓口」を開設しています。

さらに同社は対象バッテリーを使用の人には迷惑を掛けたことを深くお詫び申し上げ、今後の案内の確認および理解、協力をお願いしたいということです。なお、本件については販売店各社とも連携の上、広く購入者に伝えるべく動いていくとしています。

UPQ Phone A01Xは2015年12月に発売したUPQブランドの初スマホ「UPQ Phone A01」の改良モデルの第2弾で、当初は「ホワイトBG」および「ブルー・バイ・グリーン」、「ホワイト」の3色展開でしたが、その後、2016年1月に「ブラック」を追加して4色展開で販売していました。

さらに次機種「UPQ Phone A02」を2016年5月に発売予定としていましたが、発売が遅れた上にUPQ Phone A01Xの発火問題が2016年9月に発生したため、それらが解決してから販売するとしていたものの、現時点でも発売に至っていません。

最初に発覚した発火事故は、充電中に発火して周囲を焼損する被害があったということで、製品起因が疑われる事故として調査が行われていましたが、今回、製品起因であることが公表されました。また新たに5月9日に消費者庁から重大製品事故1件および非重大製品事故2件が報告されています。

重大製品事故については管理番号が「A201700054」(事故発生日2017年3月28日)で、UPQ Phone A01Xを充電中に当該製品および周辺を焼損する火災が発生したとのことで、現在、原因を調査中だとしています。

なお、UPQによると消費者庁が5月9日に公表した重大製品事故について認識したのが2017年4月17日であり、2017年4月26日が提出期限だったものの、報告書を提出したのは4月27日0時20分であったため、提出期限を超過していることから消費者庁より厳重注意を受けていることも明らかにしています。

UPQは最近ではディスプレイの仕様誤記問題もありましたし、初期のUPQ Phone A01の技適マークの問題もあり、この発火事故も含めてちょっとトラブルが多くて厳しいところです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・エスマックス(S-MAX)
・「UPQ Phone A01X」についての重要なお知らせ | 株式会社UPQ(アップ・キュー)
・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について - 消費者庁(PDF)
・公表資料 2017年|消費者庁