【詳細】他の写真はこちら

この人選だけでサラサラ感が伝わってきそう。

衝撃的だった初お目見えから1年あまり、ダイソンの『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』が、ネーミングもルックスもそのままに、日本人のために再開発された新モデルとして発表されました。旧モデルと比べての変化は、最高温度の引き上げと従来より軽微な風量の追加。



発表会の壇上には同製品の日本市場向けインフルエンサーとして起用されたシシド・カフカさんも登壇。見るだけでサラサラヘアーを手に入れられそうな世界観が展開されましたよ。



アジア人の髪質に合わせた再設計



発表された内容によれば、アジア人の髪は太くて断面が固いとのこと。そのため絡まりにくくきれいに整う一方で、スタイリングが難しい髪質でもあるのだそうです。



そこで従来モデルでは78度だった最高温度を100度まで上げ、弱い側の風量設定をさらに優しい風に調整することで、アジア人の髪をより整えやすくしたのが新『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』であるというわけ。また、これまでの温度設定ならびに風量設定も維持することで、速乾性能をキープしています。定評ある「ダイソンデジタルモーターV9」のパワフルさは健在、といったところでしょうか。

新色追加、価格は4万5000円と5万5000円





今回のタイミングで「インペリアルパープル」「アイアン/ブルー」という新色2つが追加され、継続カラーとあわせてカラバリが計4色に増えました。価格は本革レザーボックスに入ったインペリアルパープルのみが税抜5万5000円、他のカラーは各色とも税抜4万5000円。発売開始日は2017年5月10日(水)です。



新色については百貨店・家電量販店だと購入できないカラーもありますが、ダイソン直営店ならびに公式オンラインストアであれば全色の取り扱いがあるそうですよ。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



Dyson スーパーソニックの概要(ダイソン)

関連記事



ダイソンヘアドライヤーの本当の魅力は風量や温度やコンパクトさじゃない