ジェイソン・アイザック

写真拡大

『スター・トレック』ファンの注目を集める新TVシリーズ『Star Trek: Discovery(原題)』。その本作について、米CBSのレスリー・ムーンベスCEOは5月4日(木)、投資家向けのカンファレンスコールにおいて進捗状況に触れたことを、Trekmovie.comが伝えた。

同局の配信サービスCBS All Accessについて話すなか、ムーンベスCEOは「(同サービスで配信される)『Star Trek: Discovery』への期待は高まる一方です。キャストが素晴らしい。2話分はすでに完成しており、私たちも見ました。とても楽しみです。配信はこの秋になるでしょう」と話した。

さらにムーンベスCEOは、CBS All Accessでは、アメリカン・フットボールの全米プロリーグNFLの番組が2週間前から配信されているほか、脚本をともなうドラマとしては初のタイトルとなる『The Good Fight(原題)』も、良い仕上がりで好成績を出していると述べた。その上で、「これから配信される『スター・トレック』新TVシリーズは言うまでもなくビッグタイトル。戦略にはかなり自信を持っています」と続けている。

ちなみに、CBS All Accessと、CBSが所有するShowtimeの映像配信アプリは、2020年までに合計800万人が加入すると見込まれており、現時点では、CBS All Access加入者数は150万人に近づいているとのこと。また、加入者の男女比はほぼ1対1で、平均年齢はCBSのTV視聴者よりも20歳ほど若い。『スター・トレック』新TVシリーズの配信は、さらに若い視聴者を呼び込むだろうとムーンベスCEOは予想している。

このところ、配役情報が細切れに発表される以外は、なかなか詳細が明らかにならない新シリーズだが、本作にCBSが寄せる期待は大きいようだ。(海外ドラマNAVI)