恋人や旦那さんの言い訳にあきれたことはありますか? 星の数どころの騒ぎじゃないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。素直に謝れない旦那サマから、子どものようにだだをこねる旦那サマまで、さまざまな方がいらっしゃいます。
今日はそんな彼らの、あきれを通り越してむしろ笑えてしまうような言い訳の特集です。実録にてお届けいたします。

「今、しようと思ってた!」(40代/公務員)

言い訳の王道ともいわれるこちらのセリフ。登場シーンとしては、片付けをしようとしないとき・お風呂にいつまでたっても入らないとき・ごはんを食べようとしないときなど、あらゆるシーンで使われるようです。その今、いつくるのカナ〜!?

「明日、ビールが安い日だから!」(30代/司法書士)

こちら、毎日ビールを3缶までと決めているにも関わらず、酔いに任せて7缶飲んだ旦那サマからの言い訳だそう。必死な言い訳が目に浮かびます。ちょっと許してしまいそうですね。アヤウイ。ともあれ、飲みすぎはヨクないよ!

「クローゼットはあけっぱなしにしておいた方が壊れないよ!」(30代/看護師)

こちら、旦那さんがクローゼットをあけっぱなしにしていることを奥さんが注意したときの言い訳とのこと。うーん、そりゃあ開閉の回数が少なければ経年劣化はしにくくなりますけどね〜。でも開けたものは、閉めましょう!

「上司がどうしてもこいっていうから」(20代/営業)

徹夜での麻雀に行った旦那さんが、朝帰りしたときに奥さんに行った言い訳とのこと。ひと昔前なら、無理やりのお付き合いで……なんてこともあったのでしょうけれど、確実にアナタ、行きたかったんでしょう!? 人のセイ、ダメ、絶対!

「後輩が別れる・別れないの瀬戸際だっていうから」(30代/SE)

こちらは、子どもの約束をすっぽかして飲んでいたお父さんが、泣き疲れて眠った子どもを横目に奥さんに言ってきた言い訳だそう。旦那さんが真っ赤になった顔でそんなこと言ったものだから、奥さんはあきれてモノが言えなかったみたいです。うんうん、わかるよ、そんなときもあるよね〜! でも、そんな言い訳ならききたくなかったっていうのが女の本音! 優先順位ってアルデショ〜!

いかがでしたでしょうか? あなたの彼が言った言い訳はありましたか? 言い訳とは、自分がやった行動を正当化したり、ごまかしたりするときに使うものです。自己防衛をするために使うことはあっても、そうしょっちゅう言い訳ばかりされたらげんなりするのは当たり前ですよね。たまには潔く、「悪かった!」と謝ってみてもいいのでは……?
さて、後編に続きます〜。