写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは5月9日、無線LAN対応ネットワークカメラ「Arlo Pro」を発表し、Amazon.co.jpとNTT-X Storeで予約の受付を開始した。発売は6月16日の予定で、ベースステーションと2個の「Arlo Pro」がセットで、店頭予想価格は税込49,980円。

従来製品「Arlo」の強化モデルで、カメラに内蔵したマイクとスピーカーで、スマートフォンに向けて映像と音声の送受信が可能。電池駆動から充電式のリチウムイオンに変更することでランニングコスト低減を実現するという。バッテリーの充電は電源アダプタに接続するが、充電用ステーションに挿入して行う。

IP65に準拠した防塵防水性能をそなえ、電波が届く場所であれば、屋内・屋外どちらにも設置できるとしている。物体の動きや音を検知すると動画の録画を自動で開始するほか、スマートフォンやタブレットに録画開始のアラームを飛ばして通知する。録画時間の長さは10秒から120秒までの間で設定できる。また、検知の感度を調整することで検知を抑制することもできる。

主な仕様は次の通り。カメラの撮影解像度は最大1,280×720ピクセル。視野角は130度、サイズ/重量は、高さ約79.3mm×幅約48,5mm×厚さ約70.5m/約136g。ベースステーションのサイズ/重量は、高さ約586m×幅約174.5m×厚さ約126.5cm/約113g。無線LANはIEEE802.11nをサポートする。