SUBARU、新型「プレオ プラス」を発表発売


SUBARUは、新型「プレオ プラス」を、5月9日に発表、発売した。

新型プレオ プラスは、「セイフティ & スマート & スモール」を商品コンセプトに、みんなが安全に乗れる合理的で賢い車を目指し開発した。これまでの優れた燃費性能を維持し、クルマとしての基本性能にさらに磨きをかけ、SUBARUがユーザーに提供する価値「安心と愉しさ」をさらに高めている。


安全面は、スマートアシスト靴離好謄譽カメラの採用により、物体を認識する性能が大幅に向上。歩行者に対し、衝突回避ブレーキを作動するようにした。軽自動車初となる、フロント2個リヤ2個のコーナーセンサーを装備し、後進時に歩行者や障害物の接近を知らせする機能を追加した。


軽自動車初となるスイッチ式リヤゲートオープナーの採用により、荷室の使い勝手を向上。また外観はLEDヘッドランプの採用やシャープな立体造形フォルムにより先進感を表現。内装はブラック化を施し質感を高めることで、車としての仕立ての良さを実現しました。


最大で80kgの車両軽量化により、スムースな加速を実現。加えて、燃費低減に効果的なアイテムを装備することで実用燃費を向上させた。

新型プレオ プラスの希望小売価格(消費税込み)は、896,400円〜。月販目標は、600台。

【ギャラリー】SUBARU PLEO+9

■SUBARU 公式サイト
https://www.subaru.jp/