写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)は5月9日、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品(3機種)を発表した。2017年6月中旬から発売し、価格はオープン。画面サイズはCN-G1100VD、CN-G710Dが7型、CN-G510Dが5型となる。

3機種すべてに新開発の「G ロケーション」を搭載し、より正確に現在地を測位。複雑化する都市部の道路網でも、高いナビゲーション精度を実現する。最上位機種となる「CN-G1100VD」は、道路マップ無料更新に3年間対応。2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックに向けて整備される、主な新規開通道路もカバーするという。

また、CN-G1100VDは交通情報サービス「VICS WIDE」を活用した「スイテルート案内」機能を搭載。交通状況の変化に合わせ、渋滞を避けたルートを自動で探索、案内してくれる。

(朝岳健二)