9日、参考消息は中国初の国産大型旅客機C919が初飛行に成功したことに対する韓国のメディアやネットユーザーの反応を伝えた。

写真拡大

2017年5月9日、中国紙・参考消息(電子版)は中国初の国産大型旅客機C919が初飛行に成功したことに対する韓国のメディアやネットユーザーの反応を伝えた。

韓国メディアはC919の研究開発段階から現在に至るまで注目し続けてきた。聯合ニュースはC919の最高時速が963キロメートル、設計航続可能距離が4075キロメートルであるとしたうえで「とても競争力がある」と評価した。

中央日報は「C919の登場は中国による世界の商業航空市場への進出を意味するもの。中国は2024年に米国を抜いて世界最大の民間航空市場になる。まさに日増しに高まる国内のニーズにより、中国は民間航空機の発展という目標への第一歩を踏み出したのだ」と伝えている。

また、韓国最大のポータルサイトNAVERにはC919初飛行のニュースに対して1800件余りのコメントが寄せられた。「韓国はこの分野で遅れている」「韓国人は中国に学び始めなければいけない。どうして自分たちは着実に発展できないのかを考えてみよう」「正義を気取ってばかりいないで、ちゃんと学ばなければ」といった内容のほか、「中国は今や飛行機や衛星を作れるのに、韓国はアイドルしか作れない」という皮肉めいたものもあった。

また、まもなく新大統領が決まるためか、「このような長期プロジェクトに心血を注ぐ大統領が1人もいない」と国の政策への批判も出ている。(翻訳・編集/川尻)