写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ハイアールジャパンセールスは5月9日、家庭用アイスクリームメーカー「IceDeli(アイスデリ)」シリーズの2機種(JL-ICM710A、JL-ICM720A)を発表した。

IceDeli JL-ICM710Aは、「かためボタン」と「やわらかボタン」を搭載し、作りたいレシピにあわせてアイスのかたさを自由に選べる。本体サイズはW185×D265×H238mm。5月31日の発売で、価格はオープン、推定市場価格は16,800円(税別)。

IceDeli Plus JL-ICM720Aは、「かため」「やわらかめ」に加えて、「ジュレ」「冷スープ」など全部で6段階の仕上がり切り替えが可能だ。アイスだけでなく、冷製メニューを楽しめる。本体サイズはW185×D265×H238mm。 5月15日の発売で、価格はオープン、推定市場価格は19,800円(税別)。

アイスクリームはデザートの中でも人気が高く、素材にこだわったアイスクリームも数多く販売されている。こうした人気を背景に、アイスクリームを家庭で作るニーズも高まっている。

従来の家庭用アイスクリームメーカーは、冷却ポットを冷凍庫で事前に8時間以上冷やす必要がある製品が多かった。時間がかかるだけでなく、冷却ポットを入れる冷凍庫内スペースも課題だ。今回のIceDeliシリーズは、本体に冷却装置を内蔵することで、上記の課題を解決。冷却装置には、低運転音を実現する電子冷却方式(ペルチェ冷却方式)を採用した。

事前冷却の手間をかけず、材料を投入してボタンを押すだけで冷却ポットが冷えて、回転ブレードが材料を混ぜていく。「冷やしながら混ぜる」工程を全自動で行うので、準備時間が短いだけでなく、連続して混ぜることで空気を取り込み、なめらかで美味しいアイスクリームに仕上がるとしている。

(伊森ちづる)