(c)「残酷な観客達」製作委員会

写真拡大

 欅坂46が主演を務める連続ドラマ『残酷な観客達』より、予告映像とメインビジュアルが公開された。

(参考:4組のYouTuberコメントはこちら

 同ドラマは、秋元康が企画・原作を務め、2016年に放送された『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で第35回向田邦子賞を受賞した矢島弘一が脚本・監督を手がけたミステリードラマ。

 舞台は、プライバシーの保護を優先するあまり、学校では教師や生徒の名前を開示しないことになっている、現代からさほど遠くない近い未来。21人の女子高生が突如として教室に閉じ込められ、その様子がリアルタイムで全世界に配信されることに。彼女たちが脱出するためには、観客から多くの“いいね!”をもらわなければいけない。そんな彼女たちは、たくさんの“いいね!”をもらうため観客の気を引こうとするが、徐々に行動がエスカレートしていく……。

 このたび公開されたメインビジュアルには、欅坂46の全メンバー21名が登場。予告映像は、日テレ公式チャンネルのYouTubeアカウントにて試聴することができる。

 また、YouTuberのヒカル、ラファエル、りかりこ、ふくれなが、本作に出演することが決定。ドラマ初出演となる4組のYouTuberは、本作で“観客”を演じる。彼らのYouTubeチャンネルでは、番組とのコラボ動画が公開される予定だ。

 なお、欅坂46がドラマに出演するのは、テレビ東京系列にて2016年に放送された『徳山大五郎を誰が殺したか?』に続いて今回が2作目。『残酷な観客達』には欅坂46メンバーが総出演するほか、彼女たちの4thシングル『不協和音』通常盤に収録されている「エキセントリック」が主題歌になることも決定している。

(リアルサウンド編集部)