ジェイミー・リードからバンクシーまで ロックとアートの関係を紹介する展覧会が5/18より開催

写真拡大

 ロック/パンク/グラフィティに焦点をあて、時代を彩ったミュージシャンやアーティストのアートワークの数々を紹介する展覧会【ART of ROCK & GRAFFITI】が、5月18日より東京・Bunkamura Galleryにて開催される。

 本展覧ではセックス・ピストルズの全てのアートワークを手がけたジェイミー・リードや、レッド・ツェッペリンのヴィジュアル・デザインを制作するシェパード・フェイリーらの作品を展示。また、音楽カルチャーに強い影響を受けた作品で、賛否両論を巻き起こしながら現代のアートシーンを刺激し続けるグラフィティ・アーティスト、バンクシーの作品も展示する。デヴィッド・ボウイやプリンスなど伝説的なミュージシャンの訃報が相次ぐ中、アートの方面から、彼らが残したカルチャーへの影響を実感する貴重な機会となりそうだ。


◎展覧会概要
【ART of ROCK & GRAFFITI】
2017年5月18日(木)〜30日(火) 東京・Bunkamura Gallery
開館時間:10:00〜19:30
お問合せ:Bunkamura Gallery 03-3477-9174