『エイリアン:コヴェナント』日本版ポスター

写真拡大

9月15日(金)より日本公開となる『エイリアン:コヴェナント』。1979年に1作目が発表されると世界中で大ヒットを記録した『エイリアン』シリーズに繋がり、その原点を描く本作の日本版ポスターが、ついに解禁された。胎児のような姿勢のエイリアンをバックに、女性の主人公ダニエルズがタンクトップ姿で銃を構えるという、かつての主人公リプリーを彷彿とさせる本ビジュアルは、本日の公開を皮切りに世界各国の雑誌やオンライン上に掲載される。

1979年の1作目でもメガホンを取ったリドリー・スコットは「こいつ(エイリアン)を作ったのが誰で、どうして作ったのか、今まで、誰も疑問に思わなかったことに私は気がついた。宇宙のかなたから来たモンスターとか、宇宙の果てから来た神、宇宙のエンジニアがこいつを作り出したと言っても良かったかもしれない。でも、誰もそうしなかった。『エイリアン:コヴェナント』は、そういった考えを方向転換させる」と、誕生を連想させるポスタービジュアルの理由の一部を明かした。

上映に先駆け、"エイリアン・デー"の4月26日にはTOHOシネマズ六本木ヒルズで特別映像の初公開イベントが開催された 。多くのファンが集結し「絶望の、産声。」というポスターのキャッチフレーズにぴったりの衝撃を一足早く体感していた。

滅び行く地球から脱出し、人類移住計画を託された宇宙船コヴェント号の乗組員たち。彼らの発見した"宇宙の楽園"から話は展開する。そこが想像を超える脅威の世界だと気づいた彼らは、命を懸けて脱出しなければならないのだった...。

今までのシリーズを越える衝撃が待ち受ける『エイリアン:コヴェナント』は9月15日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)